~ルノワール彫刻像がつなぐ、静岡市とオルセー美術館の交流~ 印刷用ページ

最終更新日:
2016年5月16日

ルーブル美術館に次ぐ パリ三大美術館のひとつ 『 オルセー美術館 』 直々!                彫刻像の表題と解説文を掲載した銘板を設置しました!

勝利のヴィーナス像
洗濯する女像
 静岡駅南口駅前広場にある2体のルノワール彫刻像は、同じ型から鋳造されたものがそれぞれ世界に14体ずつあり、ルーブル美術館に次ぐパリ三大美術館の1つとして知られる「オルセー美術館」(フランス)にも両方の像が所蔵されています。
 そして、この度はこの2体の彫刻像の表題と解説文をオルセー美術館より頂戴しました。
 
 頂戴した表題と解説文を掲載した銘板をルノワール彫刻像に設置しました。
 オルセー美術館直々の解説文を ゆっくり・じっくり ご覧ください。

  

特設看板設置場所

静岡駅南口写真

 静岡駅南口駅前広場ルノワール彫刻像

表題と解説文

オルセー美術館より頂戴した表題と解説文を掲載します。

これまでの経緯

平成28年1月      東京国立新美術館で開催される「ルノワール展」にオルセー美術館所蔵の
              「洗濯する女」像が出展される情報を得る。
              (静岡駅南口ルノワール彫刻像と同じ2体の像をオルセー美術館も所蔵)
平成28年3月31日   市長直筆サイン入りのメッセージ依頼文をオルセー美術館あて発送
平成28年4月26日   東京で行われた「ルノワール展」の開会式で、来日したオルセー美術館
              館長に職員が、手紙の返信を直接依頼
平成28年5月  7日    シズオカ×カンヌウィーク2016との連携によるルノワール像PRイベント実施
平成28年5月12日   オルセー美術館からルノワール彫刻像の紹介に関するメッセージが到着
 
 

静岡駅南口ルノワール彫刻像とは

〈静岡市のルノワール彫刻像〉
 JR静岡駅南口駅前広場には、フランス印象派の画家であるピエール・オーギュスト・ルノワール(1841~1919年)と若き彫刻家のリシャール・ギノ(1890~1973年)の共作である彫刻作品が2体設置されています。
 ひとつは「勝利のヴィーナス」像、もうひとつは「洗濯する女」像です。
 平成6年度の静岡駅南口広場整備の際、世界中で多くの人に親しまれているルノワールの作品を、広場のシンボルとして設置しました。
 ルノワールの彫刻作品は数が少なく、どちらも世界に14体ずつしかない貴重なものです。

〈ルノワールと彫刻作品〉 
 ルノワール晩年の20年あまりは、リウマチ性関節炎を患い、痛みに耐えながら制作を続けていました。印象派画家として有名なルノワールですが、70歳を前にして彫刻制作に本格的に取り組み始めます。
 手が不自由なルノワールは、若手彫刻家リシャール・ギノの力を借り、細い棒でギノへ指示を出すスタイルで共同制作を続け、亡くなる前年までに約15点の彫刻作品を残しました。

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ (新規ウィンドウ表示)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

都市局 都市計画部 市街地整備課 静岡駅周辺整備係

所在地:静岡庁舎新館7階

電話:054-221-1413

ファクス:054-221-1117

お問い合わせフォーム