保険料の納期、納め方 印刷用ページ

最終更新日:
2017年4月1日
国民健康保険料の納付方法には、普通徴収と特別徴収があります。

普通徴収

 平成28年4月1日から、普通徴収の納付方法は「口座振替が原則」となりました。
 ※これまでどおり納付通知書により納めることも可能です。
 

 普通徴収とは、納付書又は口座振替による納付方法です。
 平成29年度の納付書や口座振替でのお支払いの納期限は次のとおりです。保険料は納期内に納めましょう。
納期限
第1期 平成29年6月30日 第6期 平成29年11月30日
第2期 平成29年7月31日 第7期 平成30年1月4日
第3期 平成29年8月31日 第8期 平成30年1月31日
第4期 平成29年10月2日 第9期 平成30年2月28日
第5期 平成29年10月31日 第10期 平成30年4月2日
 ※納期限は、6月~3月の各月末日ですが、月末日が土曜日・日曜日・祝日などの場合は、銀行等の翌営業日
   となります。
 
【口座振替お申込み方法】
 口座振替のお申込みは各金融機関窓口でお願いします。
 持ち物:預(貯)金通帳、通帳使用印、納付通知書

 便利な口座振替をぜひご利用ください。
 

特別徴収

 特別徴収とは、年金が支払われる前の段階での天引きによる納付方法です。
 金融機関の窓口に支払いに行く必要もなく、口座振替の申し込みも必要ありません。
対象となる人
 国民健康保険に加入している被保険者全員が65歳から74歳までの世帯の世帯主(擬制世帯主を除く。)であり、以下の3つの条件すべてに該当する人
  (1)世帯で国保に加入している人全員が65歳から74歳までであること
  (2)介護保険料を特別徴収している年金があること
  (3)介護保険料と国民健康保険料を合わせた額が、(2)の年金支給額の2分の1を超えないこと

 平成29年度の特別徴収月は次のとおりです。
29年度 仮徴収月 本徴収月 30年度 仮徴収月
4月 10月 4月
6月 12月 6月
8月 2月 8月
※今年度より新たに特別徴収対象者となった場合には、9月(第4期)までは普通徴収、10月からは特別徴収と
  なります。
※4月以降に75歳に達する人は普通徴収にて納めていただきます。
※年度途中から、新規に国民健康保険に加入した世帯で、特別徴収の対象となる場合、その年度は、従来の
  納付書または口座振替で納付していただき、翌年度から特別徴収に切り替わります。
※国民健康保険に加入している世帯員数の増減や、世帯主が変更するなど、世帯構成に変更があった場合に
  は、特別徴収している世帯であっても、普通徴収に切り替わることがあります。
 
仮徴収とは
 国民健康保険料は、加入者の前年の所得に応じて保険料額を決定しますが、市民税額の根拠となる所得が確定する6月まで、加入している人の所得状況はわかりません。そのため、平成28年度最終徴収月(平成29年2月)の保険料額をもとに、仮徴収として平成29年の4月、6月、8月にそれぞれ天引きします。
 6月に前年1年間の所得等が確定した後、10月、12月、2月の徴収時期の金額を増減させることで、1年間の保険料額を調整します。
 
特別徴収ではなく普通徴収を希望される人へ
 今までとおり、普通徴収により納付することを希望する人は、下記の条件に該当する場
合に変更することができます。
 (1)保険料の滞納が無く、2年以上督促状を発送した履歴がない人
 (2)保険料の滞納が無く、保険料等の誠実な納付を確約する書類を提出した人
 ただし、普通徴収になった人が、保険料を滞納した場合、特別徴収とさせていただきますのであらかじめご了承ください。
 納付方法の変更は、窓口での手続きが必要となりますので、詳しくは各区保険年金課までお問い合わせください。

コンビニエンスストアでも国民健康保険料(税)が納付できます!

<コンビニでのお支払について> 
 ○納期限又は取扱期限内に限りご利用できます。
 
 ○納付書左下にコンビニ収納用のバーコードが印字されている場合にご利用できます。
  ※納期限又は取扱期限が過ぎてしまった場合や、バーコードが印字されていない場合は、金融機関等をご利
   用ください。
 
 ○コンビニの営業時間内であれば、曜日・時間を問わず、いつでもご利用できます。
 
<取扱いコンビニエンスストアチェーンは下記のとおりです。>
くらしハウス、コミュニティ・ストア、サークルK、サンクス、スリーエイト、スリーエフ、生活彩家、セイコーマート、セーブオン、セブン-イレブン、デイリーヤマザキ、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、ヤマザキスペシャルパートナーショップ、ヤマザキデイリーストアー、ローソン、MMK(マルチメディアキオスク)設置店

保険料の納付が困難な場合は

事情により納付が困難な場合は、お住まいの区役所で納付方法等についてお早めにご相談ください。
 特別な事情がないにもかかわらず保険料(税)を滞納し、納付相談に応じない世帯には、やむをえず、次のような措置をとることがあります。
 ・保険証を返していただき、かわりに「被保険者資格証明書」を交付します。
  資格証明書で診療を受けた場合は、一旦医療機関の窓口で全額自己負担となり、あとで国保に保険給付分
  の支払いを申請していただきます。(国保法第9条)
 ・国保の保険給付が差し止めになります。(国保法第63条の2)
 ・財産の差し押さえをすることがあります。(国税徴収法)
 
納付の相談はお気軽に区役所までお電話ください。
 

お問い合わせ

◆葵区役所
〒420-8602 静岡市葵区追手町5番1号
葵区保険年金課   電話:054-21-1070
保険第1・第2係     FAX:054-254-2216

◆駿河区役所
〒422-8550 静岡市駿河区南八幡町10番40号
駿河区保険年金課  電話:054-287-8621
保険係           FAX:054-287-8705

最近、駿河区保険年金課への電話の間違いが多く、相手先に迷惑をおかけしています。お電話いただく際は、もう一度電話番号をご確認の上、おかけ間違えのないようにお願いします。

◆清水区役所
〒424-8701 静岡市清水区旭町6番8号
清水区保険年金課  電話:054-354-2141
保険係           FAX:054-353-7520

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 健康福祉部 保険年金管理課 国保料係

所在地:静岡庁舎新館12階

電話:054-221-1540

ファクス:054-221-1068

お問い合わせフォーム