お茶の国しずおか

ホームへ 知識コースへ 効能コースへ 達人コース6へ

 
 

簡単なようで案外難しいのがお茶のいれ方。いい水、いい温度、待つ時間。
このコツさえ覚えれば、誰でも上手にお茶がいれられます。

 ●一般的な煎茶のいれ方●

煎茶イメージ
分量……お茶の葉小さじ山盛り3杯(約6g)、
      お湯約180〜270ml(3人分)

お湯の温度……70〜90℃

煎出時間……30〜60秒
 

1 お湯のみにお湯を8分目ほど入れて、湯冷ましします。
2 お茶の葉を急須に入れます。
3 お湯のみが手のひらで持てるくらいになったら、お湯を急須に注ぎます。
4 お茶の葉が少し開きかけてきたら入れ頃です。
5 お湯のみに、均等に濃淡の無いように廻し注ぎ、最後の一滴まで絞りきりましょう。

  ●玉露、番茶、冷茶のいれ方●

●玉露
・分量…お茶の葉は大さじ2杯(約10g)、お湯の量/約60ml(3人分)
・お湯の温度/70〜80度 ・煎出時間/2分〜2分30秒

●番茶
・分量…お茶の葉は小さじ山盛3杯(約9g)、お湯の量/約400ml(3人分)
・お湯の温度/熱湯 ・煎出時間/30秒くらい

●冷茶
・分量…水出し用煎茶ティーバッグ1袋(10g入り)、水/約1リットル
・水の温度/常温 ・煎出時間/10〜15分 
  ティーバッグを絞って濃いめに抽出  絞ったあとはティーバッグは取り除く

  ●お茶の買い方●

お茶のよしあしは、茶葉の外観(形、色)、香り、水色、味の4つで決まります。できれば専門店で試飲してから買うのがベスト。一般 的には外観で判断しますが、煎茶ならば 色鮮やかな深緑でつやのあるもの、玉露ならよりが強く細かいものが上質です。

  ●お茶の保存方法●

お茶は、よく売れているお店で少しずつ買い足すのが一番ですが、まとめて買った時は茶缶に入れてラップと粘着テープで密封し、冷蔵庫(又は冷凍庫)に保管します。(但しあくまでも非常手段とお考えください。)冷蔵庫から出して使う時には、結露による湿気を避けるため、使う30分前ぐらいに前にあらかじめ出しておき、常温にならしてから開封するようにしましょう。

  ●古くなったお茶のリサイクル●

古くなったお茶は、ラップをかけずにお皿に載せて電子レンジで1分加熱。すると、あっという間に香ばしいほうじ茶になります。
 
 

ホームへ 知識コースへ 効能コースへ 達人コース6へ

お茶の国しずおか