ナビゲーションをスキップ

生活保護について


生活保護とは

私たちの一生には、思いがけない病気や事故などによって、自分の力だけではどうしても生活できなくなってしまうことがあります。
生活保護とは、生活に困っている人が、精一杯の努力をしてもなお生活していけないときに、一定の基準に従って最低限度の生活を保障し、一日も早く自分自身の力で生活できるように援助する制度です。

※保護を受ける前に自分で次のことに努力してください
 1.家族の中で働ける能力がある人は、その能力に応じて働いてください。
 2.今、あなたの財産で利用できるものは、生活のために利用してください。
  (例えば、預貯金、証券、貴金属、自動車、場合によっては生命保険、不動産など)
 3.ほかの法律や制度で受けられるものは、その給付を受ける手続きをしてください。
 4.親子、兄弟、姉妹などの援助を受けられるときは、まず、その援助を受けてください。

このような努力をしても、なお生活できないときに、はじめて生活保護を受けることができます。

保護を受けるには

相談・申請 
 各福祉事務所生活支援課では生活に困っている人の相談を受け付けていますが、保護を受けるには、受けようとする人の申請が必要です。
この申請は、本人か同居の親族または親兄弟などの扶養義務者ができます。
  
調査
 申請すると担当員(ケースワーカー)が、保護が必要かどうかを判断するために、保護を受けようとする人の家庭や必要な場合には病(医)院などを訪問し、調査しますので協力してください。また必要に応じて関係書類を提出・提示してもらうことがあります。
 
生活保護費の計算について
 生活保護費は、国が決めている基準に基づいてあなたの世帯の最低生活費を計算し、その金額と、あなたの世帯のあらゆる収入とを比べて、その足りない分を保護費として支給します。
 

問い合わせ先

葵福祉事務所  生活支援課 電話054-221-1082
駿河福祉事務所 生活支援課 電話054-287-8652
清水福祉事務所 生活支援課 電話054-354-2107

▲ページトップへ