「若年性認知症市民フォーラム」を開催しました 印刷用ページ

最終更新日:
2018年10月1日
 65歳未満で発症する「若年性認知症」は、高齢認知症と違って症状に不安を抱いても受診が遅れて
しまうことがあります。  
 早期治療の大切さや、相談機関があることを知り、若年性認知症の理解を深めていただくことを目的
として、フォーラムを 開催しました。
 認知症の専門医のほか、認知症に関する専門医療相談を受ける相談員、静岡県若年性認知症支援
コーディネーター、若年性認知症の人を対象としたデイサービスを実施しているNPO法人代表をお招きし、
講演とパネルディスカッションにより、若年性認知症の病態、若年性認知症の人や家族の相談に応じる
様子、若年性認知症の人が「働くこと」 などの話を通して、若年性認知症について考えていただく機会
となりました。
【日  時】 平成30年9月20日(木) 午後1時30分から3時45分まで
                       
【会  場】 グランシップ 6階交流ホール (駿河区東静岡二丁目3-1)

【内  容】 (第1部)講演
           (1)『若年性認知症とは -病態と特徴- 』
               静岡市認知症疾患医療センター長  小尾 智一 医師
           (2)『専門医療相談における若年性認知症の相談について』
               静岡市認知症疾患医療センター  堀 友輔 相談員
           (3)『若年性認知症相談窓口での支援について』
               静岡県若年性認知症支援コーディネーター  辻村 明枝 相談員
           (4)『若年性認知症のデイサービス開設について』
               NPO法人 WAC清水さわやかサービス  松本 利枝 理事長
       (第2部)パネルディスカッション
            テーマ:『若年性認知症の人の支援のための連携』
                ~具体的な事例をもとに、関係機関が連携する支援のあり方について~
            司 会 : 静岡市認知症疾患医療センター長  小尾 智一   医師
            パネリスト:第1部 講演(2)~(4)の講師
 
講演
パネルディスカッション1
パネルディスカッション2

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 地域包括ケア推進本部 在宅医療・介護連携推進係

所在地:静岡庁舎新館14階

電話:054-221-1576

ファクス:054-221-1577

お問い合わせフォーム