医療・介護専門職対象「認知症多職種協働研修会(1月21日)」を開催します! 印刷用ページ

最終更新日:
2017年12月5日
平成29年度 静岡市医療・介護専門職のための研修会 (認知症多職種協働研修会)
 

認知症になっても住みよい暮らしができるために、
  医療・介護職は何ができるか?


 認知症の人が増加する中で、たとえ認知症になっても、住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けることができる社会の実現に、多くの関心が集まっています。
 その中で、医療・介護のプロフェッショナルには、認知症の疑いがある人を早期診断、早期対応につなぎ、できる限り重度化を遅らせ、また、本人の意思を尊重して、家族や介護者に適時、適切な助言を行う役割があります。
 そこで、この研修会では、認知症になっても自宅で暮らし続けることができるよう、認知症の早期発見に対する知識を深め、地域ぐるみで支えている先進事例を共に学びます。

■ 日   時  平成30年1月21日(日) 13時30分~16時30分(13時受付開始)

■ 場   所  静岡県コンベンションアーツセンター グランシップ 大ホール・海
          (静岡市駿河区池田79-4 JR東静岡駅下車徒歩4分)
 
■ 対   象  静岡市内にお勤めの医療・介護専門職の皆様  定員300人(申込順)

■ 申込方法  添付ファイルの申込書により、FAXでお申し込みください。参加費は無料です。
           [申込先]   静岡市地域包括ケア推進本部 FAX 054-221-1577
          [締め切り]  平成30年1月12日(金)  

■ プログラム  第1部 講 演 「認知症に、専門職はどう関わっていくのか」
                講 師 山口 晴保 氏
                    (認知症介護研究・研修東京センターセンター長)
            第2部 講 演 「大牟田市における地域ぐるみの支え合い活動」 
                 講 師 梅崎 優貴 氏
                      (大牟田市認知症ライフサポート研究会 運営委員       
                     /医療法人親仁会 小規模多機能ホーム いまやまの家ホーム長)
            第3部 グループワーク 「認知症の気づきと、つなぎ」

 ぜひ、お誘い合わせの上、ご参加ください。

<問い合わせ> 静岡市地域包括ケア推進本部 医療・介護連携係 ☎054-221-1576

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ (新規ウィンドウ表示)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 地域包括ケア推進本部 医療・介護連携係

所在地:静岡庁舎新館14階

電話:054-221-1576

ファクス:054-221-1577

お問い合わせフォーム

医療・介護専門職対象「認知症多職種協働研修会(1月21日)」を開催します!