幼児期の教育・保育の量の見込みと確保方策(改訂版)案の意見募集結果及び計画の見直しについて 印刷用ページ

最終更新日:
2016年12月22日
 平成27年度から始まった子ども・子育て支援新制度の中で、「市町村子ども・子育て支援事業計画」の策定が義務付けられました。 この計画には、地域の実情に応じた質の高い教育・保育が適切に実施されるよう、教育・保育の量の見込みと提供体制の確保の内容、実施時期を盛り込むこととされており、それに沿った計画的な実施が求められています。 本市でも平成27年3月に平成27~31年度を実施期間とする計画を策定しましたが、その後の状況変化等を反映し、計画の見直しを行いましたので、下記のとおり公表いたします。

◆幼児期の教育・保育の量の見込みと確保方策(改訂版)について

◆意見提出件数と提出していただいたご意見について◆

 平成28年8月16日(火)から平成28年9月15日(木)までパブリックコメントを実施した結果、市民の皆さまから818件(808人)のご意見をいただきました。
 ご提出いただいたご意見とそれに対する市の考え方を取りまとめましたので、下記のファイルをご覧ください。


 ・「幼児期の教育・保育の量の見込みと確保方策(改訂版)案」に対するパブリックコメントの募集結果と今後の手続について
 ・「幼児期の教育・保育の量の見込みと確保方策(改訂版)案」に対するパブリックコメントと市の考え方について


なお、次の方法でも公表しています。
・静岡市役所清水庁舎9階子ども未来課窓口
・各区の市政情報コーナー

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

子ども未来局 子ども未来課 新制度推進室

所在地:清水庁舎9階

電話:054-354-2609

ファクス:054-352-7731

お問い合わせフォーム