しずおか葵プレミアム 認証品紹介 ~ お酒 ~ 印刷用ページ

最終更新日:
2017年3月6日

 しずおか葵プレミアム認証品のうち、お酒についてご紹介します。

認証品一覧 ~ お酒 ~

お酒一覧

萩錦 大吟醸

萩錦


 創業明治9年の萩錦酒造は、水質の良さでは全国でもトップクラスの安倍川水系の湧水を仕込水に使い、40%精白された酒造好適米の山田錦と共に、現在は南部杜氏の小田島健次の手によって醸し出された当社の最高級品である萩錦大吟醸を、昭和58年から商品化して、今日に至っております。

 その間に、国内では唯一の全国規模の清酒鑑評会である全国新酒鑑評会において、当商品は過去金賞5回、入賞5回受賞の実績をあげるなど、毎年大吟醸酒としてふさわしい華やかな吟醸香とまろやかな味わいの調和がとれた、安定した酒質を保った大吟醸酒を醸造しております。

 今後は、さらなる酒質の向上を目指して、希少価値のある究極の逸品としてご賞味いただけたら幸いです。

萩錦1

正雪 大吟醸

正雪


 株式会社神沢川酒造の代表銘柄“正雪(しょうせつ)”は、静岡市が生んだ英雄、由比正雪にちなんで命名いたしました。正雪は、静岡の自由な気風や静岡人の気概を想像させ、近年では反骨の英雄として人気を博しております。

 この正雪大吟醸は、酒米の王「山田錦」を極限の35%まで精米し、静岡酵母を中心とした優良酵母を用いて、静岡県優秀技能者に選ばれました杜氏、山影純悦がじっくりと仕込んだ自慢の品です。

 極限まで磨いた原料と長期低温発酵が生む深く切れのある味わいと、清々しい果実のような香りが調和した、格別の仕上がりをお楽しみください。
正雪1
正雪2

君盃 大吟醸

くんぱい


 昭和25年に安倍川の西岸、旧東海道沿いに創業、平成8年より父と息子の二人で酒造りをしています。「飲んだ人を幸せな気持ちにするやさしい酒」をモットーに、手作りで丁寧な酒造りを行っています。全国新酒鑑評会で金賞1回、入賞6回、平成25年はインターナショナル・ワイン・チャレンジで推奨酒となりました。

 君盃(くんぱい)という名は、漢詩の一節「勧君更尽一盃酒」に由来します。全国でも有数の名水、安倍川の伏流水を仕込水にし、40%まで高度に精米した最高の酒造好適米山田錦を、低温で長期に渡りじっくり醸し出しました。

 君盃酒造最高級の、上質でまろやかな甘みと吟醸酒特有の華やかな香りのバランスのとれたお酒は、手土産などに最適です。
くんぱい1
くんぱい2

忠正 大吟醸

ちゅうまさ


 「忠正(ちゅうまさ)」は、江戸時代より今の時代まで250年の長きにわたり、静岡の皆様に愛され育ってきたブランドです。江戸末期、明治初期には、山岡鉄舟をはじめ数多くの要人たちが駿府の城下町で夜な夜な飲み交わしたと伝えられております。

 静岡の歴史に欠かせず、静岡の顔といえる安倍川。酒造りに欠かせない豊富で、良質、やわらかな安倍川の地下水を、その恵みに感謝しつつ使用し、酒米の王様「山田錦」を40%まで磨き上げ、静岡酵母によって醸造しています。継承した伝統の技術と情熱を最大限に発揮し、愛情たっぷりにじっくりとゆっくりと手作りで、一滴一滴醸し出した「忠正」の最高峰酒です。

 静岡の気候のような穏やかでやさしい上品な香りと味わいのバランスをお楽しみください。

ちゅうまさ2

英君 大吟醸 いろは

英君 いろは


 英君(えいくん)酒造株式会社は明治14年創業、駿府に隠居されていた徳川慶喜公にあやかり、徳川の英でた君主ということから命名されました。この英君大吟醸いろはは、最高級の酒米である山田錦を40%まで精白し、静岡県工業技術支援センターで開発された静岡酵母を用いて、蔵人の技と地元の名水である桜野沢湧水によって低温でじっくり醸されます。

 静岡酵母が生み出す上品でフルーティーな香りとみずみずしい味わい、切れの良い喉越しは地元静岡の海の幸との相性は抜群で、お互いをより一層引き立てます。

 なお、英君大吟醸いろはのラベルデザインは英君酒造とは縁戚に当たります人間国宝、故芹沢銈介氏の作品です。

英君 いろは

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

経済局 商工部 産業振興課 海洋産業イノベーション推進係

所在地:清水庁舎5階

電話:054‐354‐2656

ファクス:054-354-2132

お問い合わせフォーム