駿府匠宿 ギャラリー展示「葛布展」

展示会

様子

 葛布(くずふ)とは、山野に自生するマメ科の植物「葛」の靭皮(じんぴ)繊維を織り上げた布のことです。
 葛布の良さは、優雅で渋味のある光沢です。<br /> 絹や麻と違うやさしい落ち着きを持った輝きがあり、そして何より剛直です。
 起源は鎌倉時代といわれ、乗馬用の袴(はかま)や裃(かみしも)の生地に使われていました。現在は、色紙掛けや床掛け等のインテリア用品から、小銭入れ・印鑑入れ・根付などの実用品が作られています。
 葛布の良さを感じるため、ぜひ手に取ってご覧ください。

《出展者》川出幸吉商店

日時

2017年9月14日~2017年9月26日

場所

静岡市工芸と歴史の体験施設「駿府匠宿」
­

主催者・問い合わせ先

静岡市工芸と歴史の体験施設「駿府匠宿」
所在地:
静岡市駿河区丸子3240-1
電話番号:
054-256-1521

本ページに関連する情報

本ページに関するお問い合わせ先

経済局 商工部 産業振興課 地場産業係

所在地:駿河区曲金3-1-10

電話:054-281-2100

ファクス:054-284-3987

お問い合わせフォーム

平成26年7月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31