市民カメラマンレポート平成30年4月号-2【静岡浅間神社廿日会祭】ほか 印刷用ページ

最終更新日:
2018年6月5日

【廿日会祭】伝統の稚児舞楽

 4/5(木)、静岡浅間神社の廿日会祭で、子ども達が伝統の稚児舞を奉納しました。稚児を務めたのは市内の男子小学生4人で、太鼓や笛の音に合わせ鉾を振って四方を清める「振鉾(えんぶ)」や、龍が遊ぶ様子の「納曾利(なそり)」など5つの演目を舞いました。
 訪れた人たちは、舞殿をぐるりと囲み、伝統の優雅な舞いに見入ったり、拍手を送ったりしていました。

市民カメラマン 田中 浩
稚児舞
稚児舞
稚児舞
稚児舞

【廿日会祭】古式豊かな稚児行列と稚児舞楽

 4/1(火)~6(金)、静岡浅間神社では恒例の廿日会祭例大祭が行われ、4/5(木)は古式豊かな稚児舞楽の奉納が行われました。
 この日は先だって午前11時頃に、別雷(わけいかずち)神社で稚児参拝が行われたあと、古式稚児行列に続いてお踟(おねり・山車)曳き廻しが行われ、沿道の多くの人の声援を受け静岡浅間神社まで行列しました。
 その後、神社横の道路上においては、山車の曳き揃えや木遣り歌や踊りなどが披露されました。
 例大祭を経ていよいよ15時半から舞殿では天下太平・五穀豊穣を願い、徳川家康公ゆかりの稚児舞楽を奉納。
 4名の稚児(小学生)による舞いはたいへん優雅で、よく練習され立派な舞いに観客からは大きな拍手が送られていました。
 稚児舞楽は国の選択無形民俗文化財に指定されています。

市民カメラマン 望月 敏秀
古式豊かな稚児行列と稚児舞い
古式豊かな稚児行列と稚児舞い
古式豊かな稚児行列と稚児舞い
古式豊かな稚児行列と稚児舞い

清水区小島の【ちりめんかえで】

 清水区小島小学校校門脇に、珍しいちりめんかえでが植栽されています。
 この木は江戸時代の後半に小島藩の陣屋にあったもので、根本から分かれた枝がそれぞれ緑と赤に発色し葉もちりめんを想わせる形で、珍しい古木であり静岡市の指定天然記念物となっています。

市民カメラマン 大滝 和男
清水区小島の「ちりめんかえで」
清水区小島の「ちりめんかえで」
清水区小島の「ちりめんかえで」

一乗寺【花祭りと雛供養】

 清水区の寺院一乗寺では、毎年4月第二日曜日に花祭りと雛供養が行われます。
 4/8(日)も朝から子どもたちが成長して役目を終えた雛具や節句人形、さらに最近多くなったぬいぐるみ等が持ち込まれ、境内の広場では檀家や地域の婦人部の人たちが赤い毛氈の上に一体ずつ丁寧に並べていきました。
 御住職のお経の流れる中、巫女の衣装に身を着けた地元女子校生のザンゲの舞が披露され、その後、人形との最後のお別れのお焼香が始まり、それぞれ合掌して持ち込んだ人形との別れを惜しんでいました。
 最後に住職が人形たちの魂を抜く儀式がおこなわれた後、お炊き上げが行われ供養が無事終了しました。

市民カメラマン 大滝 和男
一乗寺「花祭りと雛供養」
一乗寺「花祭りと雛供養」
一乗寺「花祭りと雛供養」
一乗寺「花祭りと雛供養」

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

総務局 広報課 広報紙係

所在地:静岡庁舎新館8階

電話:054-221-1021

ファクス:054-252-2675

お問い合わせフォーム