市民カメラマンレポート平成30年3月号-4 印刷用ページ

最終更新日:
2018年3月30日

梅ケ島梅まつり 最高潮!

3/18(日)、梅ケ島の観光梅園で梅まつりが開催されました。一昨年、昨年と梅の花が咲かず困ったそうですが、今年はお天気も良く、開催時期に合わせて見事に咲いてくれたのでよかったと主催者の方が話されていました。
県境で交流のある山梨県見延町の皆さんもバス2台で応援に駆け付けてくれたほか、市内からの参加者も60人ほどが来園して大変にぎやかでした。
梅の花も良いですが、あつあつの梅コロッケも最高!七輪で焼いた焼梅茶や梅餅のサービスは行列ができて、瞬く間になくなりました。まさに、梅三昧です。
山梨県側からは湯葉汁・鹿肉のステーキ・鹿のハツの串焼き等、ご当地ならではの美味しい食べ物が並び大満足!
地元の人がガイドしてくれた梅ケ島散策の参加者は、梅咲き誇る中、立ち止まってカメラ、スマホを向ける人も多く、限定5人しか渡れない細い吊り橋も「キャア、キャア」いいながら、童心に戻ったように楽しんでいました。
梅の木は800本・桜の木は枝垂れ桜が150本あるそうです。
また機会がありましたら、ぜひ訪れてみたいです。

平成29年度市民カメラマン 石川 タミ子
 
梅ヶ島梅まつり 最高潮!
梅ヶ島梅まつり 最高潮!
梅ヶ島梅まつり 最高潮!
梅ヶ島梅まつり 最高潮!

SUPで愉しむ満開の桜

3/28(水)、駿府城公園の桜が満開となったこの日、「SUP」(サップ・Stand Up Paddleboard・スタンドアップパドルボード)で、中堀を1周する人たちの姿が見られました。パドルで水をゆっくり漕ぎ、仲間とおしゃべりしながら満開の桜を愛でたり、お堀の生き物を見つけたり、のんびりしてたいへん楽しそうでした。まだ市中では見慣れない光景を、お堀を散歩する人たちが珍しそうに眺めていました。「私もやってみたい」という声もあちらこちらで聞かれました。
SUPは最近世界中で急激に人気が高まっているウオーター・アクティビティーで、ボードに立ってバランスを取りながら、パドルで水を漕ぐだけです。ボードはサーフボードより浮力が高いため安定性がよく、簡単に乗ることができ、性別・年齢に関係なく初めての方でも容易に楽しめるそうです。また、フィットネスの効果もあるそうです。
5/4(祝)にオープンする「駿府城ラン・アンド・リフレッシュステーション」のオープニングイベントでも、SUP体験のイベントがあり、11時半から6回に分けて実施されます。

平成29年度市民カメラマン 望月 敏秀
 
SUPで愉しむ満開の桜
SUPで愉しむ満開の桜
SUPで愉しむ満開の桜

美しいきれい、陣笠山のさくらを堪能

3/27(火)、清水区由比町屋原にある陣笠山公園では、公園全体に植えられているさくらが満開になり、訪れた人を楽しませています。
特に頂上にある公園のシンボル的存在である桜の大木は、子どもたちの絶好の遊び場でもあり大人気です。山上付近の広場ではお弁当を広げる人の姿も多くみられました。また今年はライトアップが行われ、周囲から見えるライトアップに気が付いた人や、聞き込んだ人が次々と訪れていつもと違うライトアップされた桜を堪能していました。
なお、この公園は120メートル以上あるローラー滑り台が家族連れに人気で、子どもらの歓声が絶え間ない公園でもあります。

平成29年度市民カメラマン 望月 敏秀
美しいきれい、陣笠山のさくらを堪能
美しいきれい、陣笠山のさくらを堪能
美しいきれい、陣笠山のさくらを堪能

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

総務局 市長公室 広報課 広報紙係

所在地:静岡庁舎新館8階

電話:054-221-1021

ファクス:054-252-2675

お問い合わせフォーム