市民カメラマンレポート平成29年9月号-1 印刷用ページ

最終更新日:
2017年10月10日

お見送りは打上花火で

9/30(土)昼過ぎ、晴天の清水港日の出ふ頭に、韓国・釜山から清水港最大の客船「ダイヤモンド・プリンセス」(115,906トン、全長290m)が、今年3回目の入港をしました。傘踊りの歓迎ののち、和やかな雰囲気の中で歓迎セレモニーが開かれました。土曜日とあって、大勢の市民が入れ替わり立ち替わり見物に訪れ、歓迎ムード一色に染まりました。
20時半頃、携帯電話のライトを振って見送る中、たくさんの打ち上げ花火が上げられると、見送りも最高潮。
ゆっくりと煌びやかな船体を披露しながら出港していきました。
同船は、11/20(月)の香港、オーストラリアへのクルーズの途中に、最終の港として寄港するのが今年最後となります。

平成29年度市民カメラマン 望月 敏秀
お見送りは打上花火で
お見送りは打上花火で
お見送りは打上花火で
お見送りは打上花火で

アロハ三保フェスティバル2017

三保ハーバルキャンプ場で、9/30(土)、10/1(日)の2日間「アロハ三保フェスティバル」が開催されました。
2日間で24組のグループが出演し、延べ800人が三保半島をハワイの香りで満たしてくれました。
出演したあるグループは、「この日のために毎月3回、2時間程度の練習をしています。」とのことで、レベルの高さがうかがえました。
また会場には、ハワイアン衣装や雑貨などを取り揃えたショップも多く出店し、多くの来場者でにぎわっていました。
アロハ三保フェスティバル2017
アロハ三保フェスティバル2017
アロハ三保フェスティバル2017

ダイヤモンド・プリンセス清水港寄港

9/30(土)、日本生まれの大型客船ダイヤモンド・プリンセスが、14時ころ清水港に寄港しました。
この日は土曜日とあって、大型客船を一目見ようと多くの見物客も訪れており、歓迎セレモニーにも参加していました。また、市内の高校性も参加して、歓迎セレモニーを盛り上げていました。

平成29年度市民カメラマン 大滝 和男
ダイヤモンド・プリンセス清水港寄港
ダイヤモンド・プリンセス清水港寄港
ダイヤモンド・プリンセス清水港寄港
ダイヤモンド・プリンセス清水港寄港

可憐な白い花が風にゆれる

静岡市街地から藁科川に沿って約20Km上流にある大川地区に、地域住民で作る「100年そばの会」が耕作放棄地で栽培している在来の“大川そば”の花が風に揺れています。
この地域は古くから“大川そば”の生産を行って来ましたが、現在は生産者が減少し、自己消費分程度しか作らなくなってしまいました。
このままでは地元の“大川そば”が途絶えてしまうとの危機感から、地元の森さんを中心に15人の方々が参加して、7年前に「100年そばの会」を結成し、地域内で耕作を始めました。
四方を山に囲まれた約3千坪の畑には、青空に映える可憐な白い花が風にゆれ、刈取りを待つ稲穂との光景は心を和ませてくれます。
この日は会のメンバーが実り具合を確認しに来ており、「順調に成育しており、10月に収穫、11月の脱穀、12月のソバ打ちが楽しみだ」と話してくれました。花は収穫まで楽しめそうです。(9/29撮影)

平成29年度市民カメラマン 田中 浩
可憐な白い花が風にゆれる
可憐な白い花が風にゆれる
可憐な白い花が風にゆれる
可憐な白い花が風にゆれる

大型客船2隻が清水港に同時入港しました

9/25(月)朝、「スーパースター・ヴァーゴ」(75.338トン)が興津第二ふ頭に、「セレブリティ・ミレニアム」(90.963トン)が日の出ふ頭に相次いで入港しました。
客船の2隻同時入港は2012年3月23日以来で、大型客船2隻では初めてのことです。

晴れ渡った三保真崎では、久しぶりに富士山の全景を眺められ、同時入港を祝っているようでした。
朝7時前に「スーパースター・ヴァーゴ」が、船体にやや赤味を残したまま興津第二ふ頭にゆっくりとカーブしながらが接岸し、その後を追うように7時半頃に「セレブリティ・ミレニアム」が日の出ふ頭に向かってゆきました。
各ふ頭では、オプショナルツアーに参加しなかった乗客向けに、シャトルバスが運行され、多くの乗船客が清水駅前銀座などを訪れ、着付け体験等をしたり、ショッピングをしたりと清水の1日を楽しんでいました。
14時40分ころ、「スーパースター・ヴァーゴ」が鹿児島へ、16時15分「セレブリティ・ミレニアム」が神戸へそれぞれ出発していきました。

今年の大型客船の同時入港は、11/20(月)に「スーパースター・ヴァーゴ」と「ダイヤモンド・プリンセス」の同時入港が予定されています。年内は10月以降7隻の船が入港します。
入港日は是非ぜひ、日の出ふ頭へ豪華客船見物にお出掛けください。

平成29年度市民カメラマン 望月 敏秀
スーパースター・ヴァーゴ スーパースター・ヴァーゴ
スーパースター・ヴァーゴ
セレブリティ・ミレニアム セレブリティ・ミレニアム
セレブリティ・ミレニアム

客船をシャボン玉でお見送り

9/23(祝)午前7時半ころ、清水港日の出ふ頭に客船「シルバー・シャドー」(28.258トン)が、今年2回目(通算3回目)となる入港をしました。
あいにくと入港時は富士山は望めませんでしたが、停泊中は頂上付近が顔をのぞかせ、乗客たちを歓迎してくれました。また、乗客たちは周辺観光地に出掛けたり、清水芸妓らと一緒に写真に納まったりして楽しんでいました。13時の出港時には見送りに来た人たちが一斉に手を振ったり、200人の方がシャボン玉を飛ばして見送りました。折からの秋風に乗って船全体に舞い、乗船客からも思わず笑みがこぼれ、印象深い清水港のひと時を楽しんでくれたようです。

平成29年度市民カメラマン 望月 敏秀
客船をシャボン玉でお見送り
客船をシャボン玉でお見送り
客船をシャボン玉でお見送り
客船をシャボン玉でお見送り

静岡地ビール祭り開催

9/23(祝)、24(日)の2日間、第2回目を迎える「静岡地ビール祭り」が、エスパルスドリームプラザの海側デッキで開催されました。昨夜の雨で開催が心配されましたが、朝方から空も明るくなり始め、雨の気配もどこかに消え、待ちこがれたビールファンが大勢詰めかけていました。
用意された特設テーブルもあっと言う間に満席となり、所どころに置かれたビヤ樽テーブルで、楽しむカップルもいました。
今年は静岡の蔵元が3店舗、岩手や鳥取県など全国から6店舗と、ビールに合うおつまみのグルメブースも多数出展されました。また、各蔵元のクラフトビールは色や味の違う4種類が用意され、それぞれコップ1杯ずつを4杯で千円というお手頃価格で販売され、お店によってそれぞれ違う味を楽しもうと、女性客も多く買い求めていました。
皆さん、楽しいひと時を過ごされたようです!

平成29年度市民カメラマン 大滝 和男
静岡地ビール祭り開催
静岡地ビール祭り開催
静岡地ビール祭り開催
静岡地ビール祭り開催

サプライズ敬老会

9/13(水)、 S型デイサービス大手会場でサプライズの敬老会が企画されました。
午前の部はいつもどおりに、「しぞ~かでん伝体操」から始まり、ボウリングゲームを楽しみました。

昼食後、突然
「今日は金色夜叉の寸劇をやりたいと思います!」
「やりたくない人いますか?」
「・・・・・・。」
「誰もいませんね。では、みんなでやりましょう!」
ということで、寸劇の開催が決定!

寛一役は参加者の中で一人しかいない男性にお願いし、お宮役は6人の人が手を挙げてくれました。別室で30分間、二言三言のセリフの練習、あとはアドリブでやっていただくことになりました。
いざ本番!寛一役には、用意しておいたマント、学帽、げたを、お宮役には羽織、えりまき、着物の代わりに大判風呂敷を腰に巻いて、熱海の海岸を散歩する寛一・お宮の二人連れの様子を演じました。
みんなの歌唱に合わせてそろそろとお出まし、それぞれ個性ある演技で会場は拍手喝采の盛り上がりをみせていました。

その後は、「きらきら星」をハンドベルで演奏したり、「紅葉」を輪唱しての楽しい敬老会となりました。
参加者の皆さんは本当に明るく元気です。そして何事にも挑戦します。
参加者の一人からは「私は歳なんて考えたことないよ。今を楽しんでいるよ」と言われ、気の持ちようでいつまでも若々しくいられるんだなと教えられました。

平成29年度市民カメラマン 片岡 喜代子
サプライズ敬老会
サプライズ敬老会
サプライズ敬老会
サプライズ敬老会

ブドウ狩りで秋の味覚を堪能

秋の味覚を堪能できるブドウ狩りが、清水区由比にある石切山ブドウ園で行われました。
この時期に行われているこのブドウ狩りは、毎年多くの来場者で大人気のようです。
種類も多くピオーネはもちろん、シャインマスカット、ロザリオピアンゴ、瀬戸ジャイアンツ、オリエンタルスターなどが、園内に分かりやすく表示されております。
園内のどこに行っても、たわわに実った大粒のブドウが実をつけており、小学生くらいでも簡単に摘み取ることができる高さのため、チビッコさんたちもがんばってハサミでパッチン!
頑張りましたね!

平成29年度市民カメラマン 大滝 和男
ブドウ狩りで秋の味覚を堪能
ブドウ狩りで秋の味覚を堪能
ブドウ狩りで秋の味覚を堪能
ブドウ狩りで秋の味覚を堪能

しずまえ鮮魚を使った料理にチャレンジ

清水区の江尻生涯学習交流館で、料理教室が開催されました。
受講者は、まず『「しずまえ」っていったい何?』と題する講習を受けました。「しずまえ」は、駿河湾沿岸にある由比漁港、清水港、用宗漁港をエリアとする、黒潮とプランクトンの豊富な海域で「しずまえ」の海ともいいます。そこで水揚げされた魚を「しずまえ」鮮魚と呼びます。
桜えびの水揚げ日本一の由比港や幻の魚 倉沢のアジ、冷凍マグロの水揚げ日本一の清水港のほか、二艘曳き網漁でとったシラスなどを市内外に出荷しています。
これら「しずまえ」鮮魚のほか、駒越の枝豆、石垣イチゴ、折戸ナスなど、まずは地産地消で知名度を広げ、ブランド化してくれればいいなと思いました。

今回の料理教室では、イタリアン、フレンチ、中華、和食の4回行われます。シェフからは「作る料理に対する考え、想いをイメージして料理することがおいしい料理のコツ。そして分量はしっかり量ること」とお話がありました。また、「プロから伝授されたメニューは3日以内に家で作れば今日食べたものと同じものができるはず!」とも言われましたから、早速、家族をうならせるような料理を食卓に並べたいと思います。

平成29年度 市民カメラマン   片岡 喜代子
しずまえ鮮魚を使った料理にチャレンジ
しずまえ鮮魚を使った料理にチャレンジ
しずまえ鮮魚を使った料理にチャレンジ

第55回有度地区体育大会 開催!

毎年恒例の有度地区体育大会が、9/3(日)長崎グラウンドで開催されました。今年も総数27の自治会が参加しての熱戦が繰り広げられました。
順送球は皆さん慣れていますね~。また、大縄跳びでは長く跳んでるチームにはもちろん、練習の時は上手く跳んでいたのに、本番ではすぐに止まってしまったチームにも観衆からの拍手が送られていました。
その他、親子ボール蹴りリレーや球運びリレーなども行われ、皆さん良い汗を流していました。
強い日差しの中、皆さんの楽しそうな笑顔が暑さを吹き飛ばしてくれているようでした。
お疲れ様でした。

平成29年度市民カメラマン 大滝 和男
第55回有度地区体育大会 開催!
第55回有度地区体育大会 開催!
第55回有度地区体育大会 開催!
第55回有度地区体育大会 開催!

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

総務局 広報課 広報紙係

所在地:静岡庁舎新館8階

電話:054-221-1021

ファクス:054-252-2675

お問い合わせフォーム