市民カメラマンレポート平成29年6月号-2 印刷用ページ

最終更新日:
2017年7月11日

S型デイサービスで七夕飾り

S型デイサービス大手会場の参加者の長老は92歳、若手は73歳。平均で82~4歳の元気で明るい皆さんが会場を盛り上げてくれてます。
6/28(水)、今年も県大看護学部の学生さんと七夕飾りの飾りつけをして遊びました。
最近は家庭で七夕飾りをする風習も少なくなり、学生さんたちも最近の記憶はないようでした。
「里芋の葉っぱにたまる夜露で墨をすって、五色の短冊に願い事を書けば叶うんだよ」なんて会話も弾んでいました。
七夕飾りの現代風解釈 に、
1.紙衣・・身代わり 2.投げ網・・大漁 3.屑籠・・清潔と倹約 4.巾着・・商売繁盛 5.折り紙・・長寿祈願 6.星飾り・・星に願いが叶いますように 7、織姫と彦星・・永遠の愛 8.提灯・・心を照らす 9.菱飾りと輪飾り・・天の川を表している 10.笹飾り・・厄除け 11.五色の短冊・・願い事を書く があるそうで、一つ一つスタッフから説明を受けうなずいていました。

お年寄りとあまり交流体験のなかった看護師を目指す学生さんたちは、元気なパワーをもらい今後に生かしていきたいと話していました。
人の気持ちがわかる看護師さんになってくださいね。

平成29年度市民カメラマン 片岡 喜代子
S型デイサービスで七夕飾り
S型デイサービスで七夕飾り
S型デイサービスで七夕飾り

夏越の大祓式

夏越の大祓式

6/30(金)、静岡浅間神社(葵区宮ケ崎町)で夏越の大祓式(茅の輪くぐり)が行われました。
茅の輪くぐりは、正月から半年間のケガレを祓い、残り半年の無病息災を祈願するという意味があるそうです。
明け方の雨も上がり、当日は梅雨の合間の晴れ間でお祭り日和となり多くの人出がありました。

平成29年度市民カメラマン 影山真太郎
夏越の大祓式
夏越の大祓式

大岩天神社で天神社大祓祭典(輪くぐりさん)

6/30(金)に、大岩三丁目にある大岩天神社で天神社大祓祭典(輪くぐりさん)が行われました。
境内で身を清めてから茅の輪をくぐれば疫病から免れると言い伝えれており、病気・災厄除けを願い多くの人が訪れていました。

平成29年度市民カメラマン 竹久有美
大岩天神社で天神社大祓祭典(輪くぐりさん)
大岩天神社で天神社大祓祭典(輪くぐりさん)
大岩天神社で天神社大祓祭典(輪くぐりさん)

麦わら贈呈式

6/25(日)に清水森林公園やすらぎの森にある「ぬく森の家」で、清水区両河内自治会から同区由比北田自治会へ麦わら贈呈式が行われました。
これは由比北田自治会が毎年行っている「天王船流し」の船の材料となるもので、今回で3回目を迎えます。
伝統行事の材料の麦わらの確保が難しい中、両河内地区の休耕地で栽培された、たくさんの麦わらがこの日トラック1台分贈呈されました。
7/15(土)には、200年続いている伝統の天王船流しが開催されるそうです。

平成29年度市民カメラマン 大滝 和男
麦わら贈呈式
麦わら贈呈式
麦わら贈呈式
麦わら贈呈式

ねむの木の花が満開

エスパルスドリームプラザ(清水区入船町)にある「ねむの木」の花が満開となっています。
この花木は、枝先に10~20個の花が集まった頭状花序を総状につけ、夕方開花するようです。(6/26撮影)

平成29年度市民カメラマン 大滝 和男
ねむの木の花が満開
ねむの木の花が満開
ねむの木の花が満開
ねむの木の花が満開

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

総務局 市長公室 広報課 広報紙係

所在地:静岡庁舎新館8階

電話:054-221-1021

ファクス:054-252-2675

お問い合わせフォーム