平成28年4月号市民カメラマンレポート2 印刷用ページ

最終更新日:
2016年5月16日

翼を拡げた日本丸が見られました

「日本丸」のセイルドリル

4月29日(祝・金)午後、清水港に停泊していた帆船「日本丸」のメーンイベントのセイルドリルが行われました。
普段見ることができない帆を張った帆船の本来の美しさを一目見ようと、日の出埠頭には大勢の市民らが詰めかけました。
40m以上あるマストを駆け上がったり、ヤードに取りつく姿に見物客からは「わーすごーい」「怖い」の声が。
帆を張り終えると一斉に大きな拍手が起こりました。30分後、撤収作業にも多くの市民が残り、その作業の様子を終了まで見つめ、盛んに拍手を送っていました。
   
平成27年度市民カメラマン 望月 敏秀

太平洋の白鳥が帰って来ました

4月27日(水)、太平洋の白鳥といわれる帆船「日本丸」が、市消防音楽隊の歓迎演奏の中、半年ぶりに清水港に入港しました。
船長以下訓練生が勢揃いし、田辺市長らの歓迎を受けました。
日の出埠頭では雄姿を一目見ようと、多くの市民らがつめかけ、手を振ったり、写真を撮ったりしていました。
   
平成27年度市民カメラマン 望月 敏秀
帆船「日本丸」が清水港に寄港
帆船「日本丸」が清水港に寄港

帆船「日本丸」の海上イルミネーション

帆船「日本丸」の海上イルミネーション

帆船「日本丸」が、今年の清水港入港を翌日に控えた4月26日(火)、清水港外にて錨を降ろし停泊しました。
洋上ではたいへん珍しいイルミネーションが点灯されているのが見られました。
一段と輝く帆船の美しさに心を奪われました。
   
平成27年度市民カメラマン 望月 敏秀

桜えびの天日干しが本番を迎えました

桜えびの春漁が始まり、4月26日(火)天日干しが漸く本格的になって参りました。この日快晴無風、富士山の全容が見える絶好の天日干し日和。各加工業者の干し場では、従事する人たちも笑顔で声も弾み、盛んに撒いていました。

桜えび、富士山、青空の3拍子揃った春の駿河湾の風物詩ですね。カメラマンも多く、盛んにシャッターを押していました。全国に美味しい干し桜えびが届くのももう直ぐですね。
   
平成27年度市民カメラマン 望月 敏秀
桜えびの天日干し
桜えびの天日干し
桜えびの天日干し

第13回清水アートクラフトフェア

第13回清水アートクラフトフェアが4月23日(土)、24日(日)に、JR清水駅みなと口(東口)広場と多目的広場で開催されました。会場には200店を超えるお店が並び木工品や陶器ガラス製品などバラエティー豊かな商品が軒を揃え、来場者の目を楽しませていました。

平成27年度市民カメラマン 大滝 和男
第13回清水アートクラフトフェア
第13回清水アートクラフトフェア
第13回清水アートクラフトフェア

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

総務局 市長公室 広報課 広報紙係

所在地:静岡庁舎新館8階

電話:054-221-1021

ファクス:054-252-2675

お問い合わせフォーム