平成27年10月号市民カメラマンレポート2 印刷用ページ

最終更新日:
2015年11月2日

大道芸ワールドカップin静岡~開幕が待ちきれません~

10月30日(金)、大道芸ワールドカップin静岡の開幕を前に、市民文化会館では「プレビューショー」が行われ、当選した市民らが開場時間よりかなり前から集まりました。
年々高まる競争倍率は、その人気ぶりを表しています。
参加するアーティストたちは、市民クラウンを先頭に会場内入りし、大きな拍手で迎えられました。
各アーティストからは、数分のパフォーマンスが披露され、観客らは翌日からどんなアーティストを見に行こうか思案している様子でした。
締めに静岡5本締めで、大会の成功を祈願しました
   
平成27年度市民カメラマン 望月 敏秀
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015

大道芸ワールドカップin静岡第2日目

16ヶ国97組のアーティストが静岡市に集結、主会場の駿府城公園をはじめ青葉通り周辺等で色々な演技を披露してくれました。
撮影した2日目の11月1日は晴天の日曜日で、市内39ヶ所に設けられたパフォーマンスポイントの舞台では、お目当ての演技を見ようと早くから多くの人の輪が出来ていました。
スリル満点の演技、笑いを誘う演技、筋肉マンの迫力ある演技に各舞台とも、大きな歓声や拍手が続いていました。
おなじみの3人の巨人“スペック”をはじめウオーキングストリート出場者が街中で繰りひろげたパフオーマンスや徳川家康公顕彰400年記念事業の一環として行なわれた、約35メートルも吊り上げられ、夜空が舞台の“シアタートル”の演技には皆さん感動した様子でした。    
参加アーティストの演技を見るだけでなく、訪れた人たちも参加できることが「静岡市の大道芸」の魅力ですね。(11/1撮影)

平成27年度市民カメラマン  田中 浩
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸の花ともいえるエアリアル部門をのぞいてみました。
札の辻では、ビルの壁を地面に見立てての演技に注目が集まった「デルレイヴ ヴァーティカル ダンス カンパニー」の演技があり、重力無関係の鮮やかな演技に感嘆しました。

テルレイヴ ヴァーティカル ダンス カンパニー
テルレイヴ ヴァーティカル ダンス カンパニー
テルレイヴ ヴァーティカル ダンス カンパニー
富士見芝生広場では、「シャルロット ドゥ ラ ブロテク」、「オーレリー ドーファン」および「うつしおみ」らの華麗で洗練された演技に釘付けされ、一様に上を見ては「おお」と口を開けて大きな盛り上がりを見せていました。
どこのポイントも周囲にギッシリと黒山の人だかりができ、本当に年々アーティストのレベルが上がっていると感じました。
ここで演技される方は一流でなく、超一流だと実感しました。

平成27年度市民カメラマン 望月 敏秀
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
アーティストのパフォーマンスポイントの周りは、見物客の大きな輪がすり鉢のように膨れ上がり、大きな拍手や掛け声で盛り上がっていました。
また、駿府城公園の芝生広場ではのんびりと秋の日差しを浴びながら過ごす家族の姿も見られました。

平成27年度市民カメラマン 大滝 和男
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015

ファンタジックな素敵な思い出の夜になりました

10月31日(土)、11月1日(日)の夜は、スペシャルプログラム「シアタートル」によるステージがありました。
このプログラムは静岡市が家康公顕彰400年を記念してアーティストを招待したものです。
会場いっぱいに詰めかけたギャラリーは、ファンタジックで素晴らしいその世界に、大人も子どももうっとり。
空高く華麗に舞うアーティストに釘付けになり、瞳は映る光であふれていました。
このショーは、みんなを優しい気持ちにさせてくれたようです。
約35分間のパフォーマンスに会場から大きな拍手が何度もおくられ、どなたも感動し、また、満足していたようでした。

平成27年度市民カメラマン 望月 敏秀
スペシャルプログラム「シアター トル」
スペシャルプログラム「シアター トル」
スペシャルプログラム「シアター トル」
スペシャルプログラム「シアター トル」
スペシャルプログラム「シアター トル」
スペシャルプログラム「シアター トル」

チャンピオンはハイドラゴン!!

最終日の11月3日(火・祝)17時からは、大道芸ワールドカップin静岡のフィナーレを飾り、チャンピオンを発表するファイナルステージが行われました。
まず市民クラウンの登場に始まり、オン、オフ各部門、ストリートやフェイスペインターの紹介の後、ワールド部門の14組が紹介されました。
そのあといよいよ市民審査員らの審査の結果発表です。
田辺市長からワールドカップチャンピオンの発表があり、昨年シルバー賞のハイドラゴン(フランス)が、見事チャンピオンとなりました。
講評でかなり僅差であったことが明かされ、年々アーティスト間の格差が少なくなり、全体がレベルアップしている様子がうかがえました。

平成27年度市民カメラマン 田中 浩・望月 敏秀
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
その他受賞者は、【シルバー賞】サンズカンパニー(スウェーデン)、【ブロンズ賞】フランソワーズ ロッシェ(フランス)、【実行委員会特別賞】ラソテッラ(イタリア、フランス)でした。
表彰の後チャンピオン、シルバー、ブロンズ各受賞者のパフォーマンスが披露され、来年の第25回大会の成功を願って、静岡5本締めで閉幕となりました。

平成27年度市民カメラマン 望月 敏秀
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015
大道芸ワールドカップin静岡2015

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

総務局 市長公室 広報課 広報紙係

所在地:静岡庁舎新館8階

電話:054-221-1021

ファクス:054-252-2675

お問い合わせフォーム