平成27年6月市民カメラマンレポート2 印刷用ページ

最終更新日:
2015年7月8日

プラムっておいしいんだね

6月30日(火)、地域で栽培される農産物を地元の子どもたちに知ってほしいと、JAしみず青壮年部庵原支部は、清水区庵原のこども園の園児たちを招き、プラム畑で収穫体験が行われました。

子どもたちは木で完熟されたプラムの収穫を楽しみ、もぎたてのプラムをその場で味わいました。
皮をむいた実を口いっぱいにほおばって、口々に「甘いね、おいしい」とニコニコ顔でした。

清水区庵原地域では、温州ミカンからの転作によるプラム栽培が盛んで(14人、3.8haで栽培)、主に6月上旬から8月下旬まで東京や静岡市内の市場へ出荷しています。
清水の美味しい果物がまた一つ好きになりました。

平成27年度市民カメラマン 望月 敏秀
プラムっておいしいんだね
プラムっておいしいんだね
プラムっておいしいんだね

父と子の“うどん”作り

6月28日(日)、静岡田町幼稚園でPTA主催の「父と子の“うどん”作り」講座が開かれました。

これは、日頃仕事などで子供と遊ぶ機会の少ない「お父さん」と子供の触れ合う場を提供
しようと毎年行なわれている行事で今年で11回目、この日は44組の親子88人が参加しました。

参加者は「静岡そば打ち同好会」の方の指導により、早速“うどん打ち”に挑戦しました。

うどん粉と水を混ぜ合わせ、ビニール袋に入れ、足で踏んで伸ばし、それを包丁で切ったり…。
初めての体験でしたが、親子協力して頑張りました。

出来上がったうどんは太さや長さがふぞろいでしたが、自分で作った喜びと、お父さんと一緒に過ごした時間は楽しそうでした。(6/28撮影)

27年度市民カメラマン    田 中 浩
父と子の“うどん”作り
父と子の“うどん”作り
父と子の“うどん”作り

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

総務局 市長公室 広報課 広報紙係

所在地:静岡庁舎新館8階

電話:054-221-1021

ファクス:054-252-2675

お問い合わせフォーム