平成29年就業構造基本調査の実施について 印刷用ページ

最終更新日:
2017年7月4日

調査の目的

 就業構造基本調査は統計法に基づき5年ごとに実施される国の重要な統計調査です。
 この調査の目的は、正規・非正規雇用者の就業状況、高齢者・若年層の就業状況、育児・介護と就業の関係などについて、全国、地域別に明らかにすることです。

調査の期日

 平成29年10月1日(日)午前零時現在によって行います。

調査の対象

 調査の対象は、統計理論に基づく方法によって全国から無作為に選ばれた約52万世帯の15歳以上の世帯員約108万人です。
 なお、本市では約2,200世帯が対象となります。

調査事項

 1.15歳以上のすべての人について
 男女の別、出生の年月、教育の状況、育児・介護の有無など
 2.ふだん仕事をしている人について
 雇用契約期間、仕事内容、1週間あたりの就業時間、現職に就いた理由など
 3.ふだん仕事をしていない人について
 就業希望の有無、希望する職種、就職活動の有無など

調査の方法

 8月下旬頃から調査員が各世帯を訪問し、「リーフレット(調査のお知らせ)」を配布し、調査の周知などをします。  9月下旬頃から調査の対象世帯を訪問し、調査票を配布します。  調査の対象世帯は、インターネットか、紙の調査票か、回答方法を選択いただけます。   

報告義務と調査票の管理

 「平成29年就業構造基本調査」は、「統計法」(平成19年法律第53号)に基づく基幹統計調査であり、報告義務があります。
 「統計法」には、調査関係者が調査により知り得た事項を他にもらしてはならない守秘義務が定められているなど、回答いただいた内容は、「統計法」により、厳重に保護され、調査票は、適正に管理されます。
 秘密の保護には万全を期しており、統計法に定められている利用目的以外(例えば徴税資料など)に使用することは絶対にありませんので、安心してご回答ください。

かたり調査にご注意ください

 「就業構造基本調査」をよそおった不審な訪問者や不審な電話・電子メールなどにご注意ください。 調査員は必ず「調査員証」(又は「業務委託証明書」)を身に付けておりますのでご確認ください。また、金品を請求したりすることは絶対にありません。               

問合せ

平成29年就業構造基本調査コールセンター(総務省統計局)
(8月25日(金)~10月26日(木)までの毎日午前8時~午後9時)
☎0570-07-1937(ナビダイヤル)
☎03-6748-1970(ひかりライン) ※IP電話などナビダイヤルに接続できない場合
●調査票の記入方法など調査全般について
○調査票の記入のしかたについて
○調査の概要について
○調査事項について
○事業所情報の保護について
○インターネット回答について




市企画課統計係
(平日午前8時30分~午後5時15分)
☎054-221-1024
○調査書類を紛失し、再送してほしい場合
○調査員と約束した調査票回収日時を変更したい場合
※調査員と調査票回収日時を約束しても、インターネットで回答することは可能です。この場合のご連絡は不要です。


※お問い合わせの際は、電話番号をよくお確かめのうえ、お間違えのないようお願い申し上げます。


リーフレットはこちら→平成29年就業構造基本調査リーフレット

関連リンク 総務省統計局「平成29年就業構造基本調査キャンペーンサイト」(外部リンク)
                                ↓
                 

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

企画局 企画課 統計係

所在地:静岡庁舎新館9階

電話:054-221-1024

ファクス:054-221-1295

お問い合わせフォーム