そうか 「新幹線」 という手があった!~県外大学等への通学をサポートします 印刷用ページ

最終更新日:
2017年3月9日
 静岡市では、大学等への進学と卒業後の新卒就職をきっかけとして、多くの若者が首都圏を中心とした市外・県外に転出しています。
 一方で、高校生年代の若者を対象に本市が行った調査(※)によると、市外への進学を予定している若者の内、約4割が将来的にUターンを希望しています。
 それらの若者の希望を叶えやすくするため、首都圏等の数多くの選択肢の中から選んだ学校へ市内の実家等からの通学を支援し、家族や地域社会との繋がりを維持するとともに、地元企業への就職活動をサポートします。

◎チラシはこちら
◎手引きはこちら

◎各種様式
更新定期券提出用紙はこちら、記載例はこちら

様式第1号遠距離大学等通学費貸与申請書
様式第2号遠距離大学等通学調書
様式第3号遠距離大学等通学費貸与決定(不決定)通知書
様式第4号誓約書
様式第5号遠距離大学等通学に係る届出書
様式第6号死亡届出書
様式第7号遠距離大学等通学費貸与取消通知書
様式第8号借用証書
様式第9号遠距離大学等通学費返還明細書
様式第10号遠距離大学等通学費返還免除申請書
様式第11号遠距離大学等通学費返還免除決定(不決定)通知書
様式第12号遠距離大学等通学費返還猶予申請書
様式第13号遠距離大学等通学費返還猶予決定(不決定)通知書


◎総合Q&Aはこちら
 目次
 [1 減免条件]
Q1-1. 就職先の源泉徴収等(特別徴収)により市民税を納めています。完納を証明するにはどうすればいいですか?
Q1-2.地元就職をして1年経過しているのに、6月以降でも納税証明書を取得できませんでした。
Q1-3.Uターンを希望して市内企業に就職しましたが、勤務地が県外になってしまいました。返還しなければなりませんか?
Q1-4.県外企業に就職し、返還していましたが、市内企業にUターン転職をしました。減免の対象となりますか?
Q1-5.1月にUターン転職をしましたが、転職した初年度は市民税の所得割を完納したことになるでしょうか?
Q1-6.市民税の所得割完納により減免を受けましたが、確定申告や減免による税金支払は必要ですか?
 [2 貸与額]
Q2-1.複数の交通手段を合わせて通学することも可能ですか?
Q2-2.回数券などでの通学は対象となりますか?
Q2-3.市域の周縁部に住んでおり、市外の駅から通学するのですが、対象となりますか?
 [3 貸与額の支払い時期]
Q3-1.申請後、どのくらいの期間で貸与額が振り込まれますか?
Q3-2.更新した定期を提出しましたが、まだ振り込まれません。
 [4 誓約書、相手方登録申請書(口座振込依頼書)]
Q4-1.連帯保証人は、保護者と同一でもいいですか?
Q4-2.連帯保証人は、同居している申請者の祖父母でもいいですか?
Q4-3.連帯保証人は、親戚や、友人でもいいですか?
Q4-4.振込先口座は、貯蓄預金でもいいですか?
Q4-5.振込先口座は、申請者名義でなければいけないですか?
 [5 貸与期間]
Q5-1.留年してしまった場合には、どうなりますか?
Q5-2.留学した期間は、どうなりますか?
Q5-3.長期休学期間中に定期券を利用しなかったため、毎年の貸与期間は10か月分でした。留年してしまったため、5年目に差となる期間を利用できますか?
Q5-4.短期大学を卒業し、4年制大学に編入した場合は、何年まで貸与を受けることができますか?
Q5-5.中途退学して地元に就職した場合、貸与額は免除されますか?
Q5-6.大学1年生の時と4年生の時に貸与を受けましたが、貸与期間は何年になりますか?
Q5-7.その場合も在学証明書の提出は必要ですか?
Q5-8.申請書に記載した予定と異なる定期券の更新等(1ヶ月定期で申請→3ヶ月定期を購入)を行った場合、変更届の提出や修正が必要ですか?
 [6 返還期間]
Q6-1.返還期間は、貸与期間の2倍の期間内とはどういうことですか?
Q6-2.貸与金に利子は課されますか?
 [7 事業期間]
Q7-1.いつまで貸与を受けることができますか?


◎返還・猶予・免除に関するQ&Aはこちら
 目次
 [1 通常パターン
Q1-1.もうすぐ卒業するのですがどのような手続きが必要でしょうか?
  (1)地元就職の場合(住民票が静岡市である場合)
  (2)市外転出(住民票が静岡市以外となる場合)
 [2 在学中]
Q2-1.現在大学4年生で、卒業までの半年間、大学に行かなくてよくなりました。何か手続きが必要ですか?
Q2-2.貸与を受けていますが、やはり通学が大変で独り暮らしをすることになりました。どのような手続きが必要ですか?
  (1)卒業後に通常パターン通りの免除申請(地元就職時)もしくは返還(市外転出)を行う。
  (2)卒業まで待たずに返還を行う。
Q2-3. 地元就職のつもりで貸与を受けていましたが、残念ながら東京圏(市外転出)での就職を目指すことになりました。すぐに返還しないとならないでしょうか?
 [3 返還期間中]
Q3-1.地元就職をして何年か免除等の手続きをしてきましたが、退職することになりました。もう免除は受けられないのでしょう か?
Q3-2. 県外就職(市外転出)をして返還をしてきましたが、転職してUターンすることになりました。免除をうけることはできるのでしょうか?

新幹線通学費貸与事業の概要

1 支援の方法
 通学に係る費用のうち、新幹線通学定期券の購入に要する経費の一部を貸与します。

2 貸与対象者
 静岡市内に居住し静岡県外の大学、大学院、短期大学、専修学校(専門課程)に通学する30歳未満の人が対象になります。
※修学期間の途中からの利用も(例:大学4年生から利用)できます。
※所得制限は設けません。

3 貸与額
 1か月当たり、新幹線通学定期券の額の3分の1(上限30,000円)

4 貸与期間
 貸与開始から正規の就学期間を上限とします(例:大学4年、短大2年など)。

5 返還期間
 大学等を卒業あるいは貸与金を必要としなくなった翌月から貸与期間の2倍の期間内で返済してください(例:貸与4年→返還8年)。
※無利子です。

6 返還免除
 次のような場合、返還を全額免除します。
  1. 卒業後、引き続き本市に居住したとき。ただし、卒業後以降、返還期間に相当する期間、静岡市の個人市民税の所得割を完納することとします(※)。
  2. 貸与対象者が返還を完了する前に死亡したとき。
    ※個人市民税の所得割は、前年1年間の給与などの所得に対して課されます。完納の有無等を確認するまで一時的に返還を猶予する予定です。

7 返還猶予
 疾病その他特別の理由により返還が困難な人や、大学等の卒業後も引き続き本市に居住することが見込まれる人については、返還を猶予します。
 例えば、Uターン就職のために市内企業へ就職したところ、勤務が東京支店になってしまった場合など、個別の事情を踏まえた上で猶予の可否を決定します。

8 事業期間
 新規の申込み受付はH28~H31の4年間とし、その間に申請があった人は、正規の修学期間、H32以降も継続して貸与します。
 4年目のH31に事業効果等を検証しH32以降の対応を決定します。

新幹線通学費貸与事業の申請手続き

1 申請に必要な書類
  貸与申請は、次の書類を提出してください。(全ての書類が揃っていないと受付ができません。)
 (1)遠距離大学等通学費貸与申請書(様式第1号) (記載例
 (2)遠距離大学等通学費調書(様式第2号)記載例
 (3)在学証明書の写し※学生証の写しではありません。
 (4)世帯全員の住民票の写し(申請時から3か月以内)※続柄が必要です。
 (5)定期券の写し(1か月または3か月)

2 申請方法
 ・本人または保護者は、上記1「申請に必要な書類」を準備のうえ、事前に予約いただき、静岡市役所静岡庁舎9階企画課までお越しください。
 ・申請にお越しの際には、公共交通機関をご利用ください。
 ・申請の受付は、20分程度かかります。

遠距離大学等通学費貸与条例施行規則(案)に関する意見公募を行いました

  本市は、新幹線通学費貸与事業を平成28年4月1日にスタートさせるため、平成28年静岡市議会2月定例会に、事業の根拠となる議案第60号「静岡市遠距離大学等通学費貸与条例」と平成28年度当初予算(案)を上程しました。
  このことに伴い、同条例の施行に必要な事項を定める「静岡市遠距離大学等通学費貸与条例施行規則(案)」の制定するため、行政手続条例に基づくパブリックコメントを2月22日(月)から3月22日(火)まで実施しました。
 提出された意見に対する考え方は次のとおりです。
  提出された意見 考え方
1 支援の方法について、新幹線定期券だけでなく、新幹線と在来線特急の回数券も助成の対象にすべき。 在来線特急回数券については、山梨県の大学に4年生の1年間、静岡市に戻って通学するケースも想定し含むべき。 今回の取組は、県外の大学等への通学費を一部貸与するものです。回数券では、通学に使われたのか把握が難しいため、定期券としております。
2 今後利用を促進するためには、リーフレットの内容を充実したほうが良いのではないだろうか。 できる限りのメリットと新幹線通学1日の流れを示していくべき。必要に応じてJR東海との連携も検討すべき。 今後、取組の周知を広げていく中で、対応を検討していきたいと考えています。

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

企画局 企画課 移住・定住推進係

所在地:静岡庁舎新館9階

電話:054-221-1240

ファクス:054-221-1295

お問い合わせフォーム