地域デザインカレッジ2017 プロジェクトコース チャレンジステージ 印刷用ページ

最終更新日:
2017年11月30日

プロジェクトコースイラスト

プロジェクトコース チャレンジステージとは

7月から10月まで実施したトライアルステージでは、先輩社会事業家や先行団体からヒントを得ながら、ステップ1:課題を気づき→ステップ2:課題を調べ→ステップ3:解決策を考えることで、自ら行動する力を身につけました。
チャレンジステージでは、10月の審査会で選抜されたチームと昨年度の修了生チームのうち、さらに活動をブラッシュアップしたいと応募した2チームがステップ4に取り組みます。ステップ4では、解決策を実際に試行し、1月に開催するコミュニティコースとの合同最終報告会で、取り組みの成果をプレゼンテーションします。

講座レポート

チャレンジステージ1回目 試行のブラッシュアップ(1)

講座レポート

トライアルステージから選抜された2チームと、昨年度の修了生チームのうち、さらに活動をブラッシュアップしたいと応募した2チームが加わって、チャレンジステージがスタートしました。
講師には前回の審査会にも参加していただいた市来広一郎さん、堀永乃さんを迎えました。始めにお2人から先輩社会起業家としてのご自身の活動を紹介していただきました。その後、各チームが今後の活動計画を発表し、講師からのアドバイスをもとにグループワークを行いました。
講師からは「何のために行うのか」「誰のために行うのか」「どうありたいのか」と、厳しい問い掛けがあり、目標設定をしっかりすることの重要性を改めて感じたという受講生が多くいました。
受講生からは「スピード感を持って動く。いつまでに何をするのか明確にする」「自分の中で、何のため、誰のため、どうしたいかを落とし込んでいなければ、相手にも伝わらないことがわかった」という感想が寄せられました。
 

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ (新規ウィンドウ表示)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

市民局 生涯学習推進課 人づくり事業推進係

所在地:静岡庁舎新館15階

電話:054-221-1207

ファクス:054-221-1758

お問い合わせフォーム