児童手当 印刷用ページ

最終更新日:
2017年12月27日
★マイナンバー制度の「情報連携」について

他の区市町村とのマイナンバーによる情報連携は、平成29年11月13日から本格運用が始まりました。
各種申請には、従来の申請書類に加え、マイナンバー(個人番号)のわかる書類の提出をお願いしていますので、ご協力お願いいたします。
本格運用が開始されましたので、平成29年11月13日受付分より課税証明書の提出は省略可能となりました。

詳細については、下記をご覧ください。

マイナンバー制度における情報連携について(外部リンク:内閣府のページへ)
 

児童手当について

児童手当は、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的とする制度です。
児童手当を受給するには必ず申請が必要です。(原則、申請月の翌月から支給になります。)
支給要件に該当する方で児童手当を受給していない方は、お住まいの(住民登録のある)区の子育て支援課へご相談ください。
出生、市内転入など、新たに受給される場合も必ず申請が必要です。(お二人目以降のお子様がお生まれになった時も、その都度申請が必要となります。)
その他、児童と別居した場合など状況が変化した時も届出が必要です。

支給対象者について

中学校修了前まで(15歳に達する日以後の最初の3月31日まで)の児童を監護し、かつ、その児童と一定の生計関係にある父又は母などのうち、生計を維持する程度の高い方

※日本国内に住んでいる児童(日本国内に住民登録をしている児童)が支給対象児童となります。(留学のために海外に住んでいて一定の要件を満たす場合は支給対象になる場合があります)。

※児童が施設に入所している場合や里親などに委託されている場合は、原則として、その施設の設置者や里親などに支給します。

※児童を養育している未成年後見人がいる場合は、その未成年後見人に支給します。

※公務員は、勤務先から支給されます(必要な手続きなどは勤務先に確認してください)。

手当額について

児童1人あたりの支給額 
児童の年齢 所得制限未満「児童手当」 所得制限以上「特例給付」
3歳未満 月額15,000円 月額5,000円
3歳~小学生(第1子・第2子) 月額10,000円 月額5,000円
3歳~小学生(第3子以降) 月額15,000円 月額5,000円
中学生 月額10,000円 月額5,000円
※第何子であるかは、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童の数で判定します。

【例】 ※例は全て所得制限未満とした場合です。
(1)18歳、17歳、12歳のお子様がいらっしゃる場合。
18歳は第1子(支給対象外)、17歳は第2子(支給対象外)、10歳(支給月額:15,000円)は第3子となり、ご家庭での支給月額は15,000円となります。
(2)19歳、14歳、10歳のお子様がいらっしゃる場合。
19歳は18歳以上なので児童として数えません。14歳は第1子(支給月額:10,000円)、10歳は第2子(支給月額:10,000円)となり、ご家庭での総支給月額は20,000円となります。
 

所得制限限度額について

認定請求時、及び毎年6月の現況審査で、受給者及びその配偶者の前年所得が、所得制限限度額未満であることが必要です。
※所得制限限度額以上の方は、特例給付として、児童1人あたり一律月額5,000円が支給されます。
児童と生計を同じくする父母のうち、受給資格者は、児童の生計を維持する程度の高い方となります。このため、所得制限限度内であっても、受給者の所得額よりも配偶者の所得額の方が高い場合、原則として受給者変更が必要となります。 
扶養親族等の数 所得制限限度額 給与収入総額の目安
0人 622万円 833.3万円
1人 660万円 875.6万円
2人 698万円 917.8万円
3人 736万円 960万円
4人 774万円 1002.1万円
5人 812万円 1042.1万円
※給与収入総額の目安とは、所得額に給与所得控除等相当分を加算した額(認定する際には所得制限限度額欄の額で判定します)
※扶養親族等の数は、税法上の控除対象配偶者および扶養親族(施設入所児童を除く。以下「扶養親族等」という)並びに扶養親族等でない児童で前年の12月31日において生計を維持したものの数をいう。

※扶養親族等の数が6人以上の場合は、1人増えるごとに限度額に38万円を加算します。

※扶養親族等の中に、所得税法に規定する老人控除対象配偶者又は老人扶養親族のあるときは、1人につき、限度額に6万円を加算します。

※所得の算出にあたり、社会保険料相当額として、一律、8万円を控除します。

※医療費控除、障害者控除などを受けたときは、所得から控除できます。


 

現況届の提出について

所得の状況や児童の養育状況を確認するため、児童手当を受給している全ての方は、現況届を6月末までに提出する必要があります。
現況届を提出されないと、6月分以降の手当を支給できませんので、必ず提出してください。

支給月について

支払月分 振込日
6月~9月分 10月期(10月13日)
10月~1月分 2月期(2月13日)
2月~5月分 6月期(6月13日)
※振込日が銀行等の休業日(土、日、祝日など)にあたる場合は、前営業日の振込みとなります。
※新たに申請する場合、振込口座を変更された場合は、振込日に間に合わないことがあります。その場合は、翌月以降に支給されます。
※上記振込日に個別の通知は行いません。振込日については、広報紙でお知らせします。
※通帳記帳により入金を確認する場合、振込日当日の午前中では、銀行の入金処理が終わっておらず、まだ入金完了となっていない場合がありますので、ご了承ください。

このような場合は各区の子育て支援課へすぐに届出てください

○出生や転入により、新たに静岡市で児童手当を受給しようとするとき【認定請求※】
 ※申請が遅れると、支給されない期間が生じる場合があります。

○出生などにより支給対象となる児童が増えたとき

○市内で住所が変わったとき

○支給対象となっている児童を養育しなくなったとき
 ※届出が遅れると、過払が発生し、過払金の返還をしていただく場合があります。

○受給者または養育している児童の名前が変わったとき

○振込先の口座を変更したいとき
 ※届出がされないと、振込が遅れる場合があります。

○受給者が公務員になったとき、または公務員でなくなったとき
 ※届出が遅れると、過払が発生し、過払金の返還をしていただく場合があります。
 
○受給者が拘禁されたとき
 ※届出が遅れると、過払が発生し、過払金の返還をしていただく場合があります。

○市外に転出するとき(転出先の市町村へも手続き(認定請求)が必要です)
 ※届出が遅れると、過払が発生し、過払金の返還をしていただく場合があります。

○世帯全員で転出する場合だけでなく、受給者だけが転出する場合や、 児童だけが転出する場合も手続きが必要です。

※修正申告を行い、児童手当、特例給付の区分が変わりそうな場合は、各区の子育て支援課へご連絡ください。
 
【認定請求に必要な書類】
(1)認印(スタンプ式でないもの)
(2)請求者の番号確認、身元確認に必要な書類(個人番号カード、通知カード、運転免許証等)
(3)請求者名義の預金通帳(普通預金のものに限ります。)
(4)請求者本人(児童のものではありません。)の健康保険証又は年金加入証明書
(5)別居する児童がいる場合は、別居監護の申立書(各区役所にお問い合わせください。)
及び別居する児童の世帯全員が記載された住民票(本籍、筆頭者、続柄記載のもの)
(6)児童が留学のために海外に住んでいる場合は、海外留学に関する申立書及び留学先の学校の在学証明書(国内に居住する第三者による翻訳書を添付)
※ 認定請求書には配偶者の個人番号、別居監護申立書には児童の個人番号の記載欄があります。

児童手当は、原則、申請した月の翌月分から支給されます。
ただし、異動日(転入・転出の場合は転出予定日)が月末に近い場合、申請が翌月になっても、異動日の翌日から15日以内の申請であれば異動日の翌月分から支給されます。
申請が遅れると、遅れた月分の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。


 委任状について 
請求者・届出者(受給者)の代わりに代理人が申請・届出する場合は、本人(請求者・受給者)が委任状の全ての事項を直筆で作成した委任状が必要です。
委任状はこちらからダウンロードできます。⇒ 児童手当・特例給付(請求・届出用)委任状

※委任状により請求・届出をする代理人は、本人確認できるもの(運転免許証等)をお持ちください。

 

過払金が発生した場合について

受給している方が、市外・海外転出、修正申告、受給者拘禁などにより、資格を失った場合や支給額が減額されることになった場合に届出が遅れると、過払金が発生することがあります。
その場合は、過払金を納付書もしくは今後支給される児童手当から差し引くことにより、返還していただくことになります。

受給されている皆様におかれましては、届出等が遅れる事のないようにご協力をお願いします。

手続窓口・お問い合わせ先

お住まいの区の子育て支援課で手続きしてください。

葵区役所子育て支援課(静岡庁舎2階):〒420-8602静岡市葵区追手町5番1号 TEL:054-221-1093
駿河区役所子育て支援課(駿河区役所2階):〒422-8550 静岡市駿河区南八幡町10番40号 TEL:054-287-8674
清水区役所子育て支援課(清水庁舎1階):〒424-8701 静岡市清水区旭町6番8号 TEL:054-354-2120

受付時間 平日8時30分から17時15分
※公務員の方は所属庁への請求となります。職場で手続きをしてください。

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

子ども未来局 子ども家庭課 給付係

所在地:清水庁舎9階

電話:054-354-2649

ファクス:054-352-7734

お問い合わせフォーム