登呂博物館 企画展「石をつかった、土器をつくった。」

展示会

企画展「石をつかった、土器をつくった。」

 姿かたちがユニークな縄文土器や、黒く光る黒曜石も展示します。


 新たに始まるシリーズ企画展「静岡市の歴史」では、静岡市で発掘された遺跡から、各時代を紹介していきます。静岡市の遺跡といえば、やはり登呂遺跡ですが、弥生時代と他の時代とはどのように違うのでしょうか。
 まずは、旧石器時代・縄文時代を紹介します。2つの時代の共通点はいくつかありますが、そのうちの一つに黒曜石があります。黒曜石は、旧石器時代から縄文時代にかけて広く使用されました。一方、土器の誕生は時代を分ける大きな要素です。狩猟中心の生活から、採集も行われるようになり、調理や貯蔵のために土器が用いられました。
 遺跡から出土した石器や土器を観察すると、当時の人々の営みを知ることができます。現在は静岡と呼ばれるこの地域で、人々はどのように暮らしてきたのでしょうか。


会   期  2019年3月23日(土)~6月16日(日)
開館時間  9:00~16:30
休  館  日  月曜日、祝日の翌日(4/27~5/6は毎日開館)
観  覧  料  一般:300(220)円、高大生:200(150)円、小中学生:50(40)円
 ※障害者手帳等をご持参の方および介助者1名は無料
 ※静岡市内在住の70歳以上の方、小中学生(通学含む)は無料
 ※未就学児無料
 ※( )内は30名以上の団体料金


登呂博物館ホームページ(詳しくはこちらまで)

日時

2019年3月23日~2019年6月16日

場所

静岡市立登呂博物館
〒422-8033
静岡市駿河区登呂5-10-5
­

内容

阿憎遺跡土器(静岡市教育委員会蔵)

主催者・問い合わせ先

観光交流文化局 文化財課 登呂博物館
所在地:
駿河区登呂5-10-5
電話番号:
054-285-0476
ファクス:
054-287-1466

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ (新規ウィンドウ表示)

本ページに関するお問い合わせ先

観光交流文化局 文化財課 登呂博物館

所在地:駿河区登呂5-10-5

電話:054-285-0476

ファクス:054-287-1466

お問い合わせフォーム

平成26年7月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31