全幹部職員による育ボス宣言を行いました! 印刷用ページ

最終更新日:
2016年5月26日
 平成28年5月12日に、田辺市長をはじめとする全幹部職員(局長級以上等)33人が「育ボス宣言」を行いました。

 静岡市では、職員のワークライフバランス・女性活躍の推進に向け、組織のトップがこの「育ボス宣言」で「本気度」を示すことにより、全職員の意識を改革し、全庁一丸となって取り組んでいきます。  
市長、副市長ら宣言者6人の写真
幹部職らの署名風景

「育ボス」とは?

 「育ボス」とは、職場で共に働く部下のワークライフバランスに配慮し、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も上げつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる管理職のことです。

 静岡市における「育ボス」の「育」には、「育児」の「育」、「人材育成」の「育」、そして「働きやすい環境をみんなで一緒に育んでいきましょう!」という「育む」の意味が込められています。

市長から全職員にあてたメッセージ

 昨年度は、「第3次静岡市総合計画」実行の1年目の年でした。私が、「世界に輝く静岡の実現」に挑戦せんとするこの計画を作るにあたって、どのような都市像を思い描いたか、それは、「脱東京モデルの世界都市の実現」であります。
「世界レベルの豊かな都市を創造したい。」この思いが、計画の原点でもあります。

 幸福の尺度は、決してお金だけで表現できるものではありません。豊かな都市像とは、「充実感で心が輝き、満たされていて、良く働き、良く遊ぶ、その中で子育ても楽しむ。」まさにそんな「ワークライフバランス」が整っているまちであり、その条件を潜在的に満たしているのが、この静岡市の環境だと思っています。

 ワークライフバランスの推進は、一人ひとりが充実感を感じながらいきいきと働き、仕事上の責任を果たすと同時に、子育てや介護、自己啓発や地域活動など、個人の時間も大切にしながら、安心して健康で豊かな生活を送るために、重要な取組です。
 例えば、多くの職員が、依然として長時間勤務を行っている中、日々の仕事においても、長時間勤務を前提としない、生産性を重視した働き方を進めることが重要です。これまでの価値観や意識を大きく改革し、仕事を集中的にやる時、仕事をやらない時を切り分けた「メリハリ仕事」の徹底をお願いします。
 また、メリハリ仕事をするためには、頭をリフレッシュさせるため、休暇を取るといったことも大切です。
 昨年12月、「年末年始にリフレッシュしてほしい、新たな気持ちで新年を迎えてほしい。」との私の思いから、12月28日を「いきいき年休」として、年次有給休暇の取得を呼びかけました。約23%の職員がこの呼びかけに応じてくれました。この取組を根付かせようと、今年度も所管局である総務局が、ゴールデンウィーク中のいきいき年休の取得を呼びかけました。
 こうした休暇を上手に活用することは、みなさんがリフレッシュし、家族等と過ごせる時間を増やし、ひいてはワークライフバランスやメリハリ仕事の推進にも資するものでもありますので、積極的に活用してほしいと思います。

 一方、昨今では、「残業ゼロ」など、働き方改革を実践する企業に優秀な人材が集まるという報告もあります。みなさん一人ひとりの行動も勿論大事ですが、とりわけ、管理職員も自らの課題として捉え、具体的に行動することが実現の鍵となります。

 性別にかかわらず誰もが能力を最大限発揮し、活躍できる職場づくりに向け、管理職員も自ら強力なリーダーシップを発揮していただきたい。「まず隗より始めよ」であります。行政の率先垂範も求められる中、みなさん、ワークライフバランスの推進に向けて、小さな一歩でも構いません、行動を起こしましょう。一人の百歩よりも百人の一歩、今後、こうした取組を伝播させ、世界レベルの豊かな都市の礎を共に築くことができればと思います。

 昨年度、葵区では、区長・副区長を始め、全管理職員が自ら職場で共に働くみなさんの仕事と生活の調和の実現に向け、一人ひとりのキャリア形成と人生を応援しながら、組織としての成果も出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむ「育ボス」になることを誓う「育ボス宣言」を実施しました。この取組を深化させ、全庁的に広めるため、全幹部職員による「育ボス宣言」を実施します。どうぞよろしくお願いします。
市長メッセージの写真

育ボス宣言(動画)

育ボス宣言動画サムネール

宣言内容

市長の育ボス宣言書の画像

育ボス宣言

一 私は、職場で共に働く職員の仕事と生活の調和の実現に向け、一人ひとりのキャリア形成と人生を応援しながら、組織としての成果も出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむ「育ボス」になることを誓います。

一 長時間労働を前提としない生産性を重視した働き方を進めるとともに、組織力を高め、業務効率を上げることで仕事の成果を出し、市民サービスを向上させます。
 また、職員がともに支え合う風土づくりを進めます。

一 職員の私生活の充実とともに、自己啓発や地域活動など、人生をより豊かにし、いきいきと働き続けられるような取組を応援します。

一 強力なリーダーシップの下、組織の長として求められる責務をしっかりと果たし、育ボスとして十分な成果を上げます。

関連ページ

Windows Media Player

動画、音声ファイルの視聴には、Windows Media Player(無償)が必要です。 Windows Media Playerをお持ちでない方は、下記ページからダウンロードしてください。

Windows Media Player ダウンロードページ (新規ウィンドウ表示)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

総務局 人事課 人事第2係

所在地:静岡庁舎新館9階

電話:054-221-1009

ファクス:054-253-4426

お問い合わせフォーム