生産性向上特別措置法にかかる先端設備等導入計画について 印刷用ページ

最終更新日:
2018年10月26日
 国は、平成32年度までを、「生産性革命・集中投資期間」と位置付け、中小企業の生産性革命を推進することを目的として、「生産性向上特別措置法」を施行しました。
 同法の施行に伴い、中小企業の生産性革命や中小企業の設備投資を支援するため、臨時・異例の措置として、固定資産税の特例を講じることとしています。
 本市は、国の動きに呼応し、市内中小企業の振興による産業の活性化を目的として、取得設備の固定資産税の負担をゼロにします。  

制度の概要

 生産性向上特別措置法において定められた「先端設備等導入計画」を策定し、市から認定を受けることで、税制支援等を受けることができます。
 
生産性向上特別措置法に伴う先端設備等導入計画について

先端設備導入計画の概要

 「先端設備等導入計画」は、生産性向上特別措置法により定められたもので、中小企業・小規模事業者が、設備投資を通じて労働生産性の向上を図るための計画のことです。  所在している市区町村が、国から「導入促進基本計画」の同意を受けている場合、市区町村から認定を受けることができます。  認定を受けることで、税制支援等の支援措置を受けることができます。 

支援措置

・生産性を高めるために設備を取得した場合、固定資産税の軽減により、税制面からの支援
・認定事業者に対する、一部補助金における優先採択
・計画に基づく事業に必要な資金繰りを支援

先端設備等導入計画の作成について

 先端設備等導入計画の作成は、下記のような手順で、作成を行ってください。
 
(1) 静岡市の「導入促進基本計画」に沿った内容かを確認。
(2) 先端設備等導入計画の様式・記載例を確認の上、認定経営革新等支援機関に確認を依頼。
(3) 税制措置を受けるためには、新規取得設備に係る工業会証明書を依頼。
(4) 静岡市に計画申請書を提出。
(5) 認定を受けた場合、静岡市から認定書が交付される。

(6) 先端設備等導入計画の開始・取組の実行

【注意事項】
・設備取得は、「先端設備等導入計画」を市が認定した後となります。
 (既に取得した設備に対する計画は認められません)
・計画について、認定経営革新等支援機関の事前確認は必須です。


 

静岡市の導入促進基本計画

 静岡市の導入促進基本計画は、下記ファイルをご確認ください。  

認定を受けられる中小企業者の規模

中小企業者の範囲

先端設備等の対象設備

労働生産性の向上に必要な、生産・販売活動等の用に、直接供される下記設備。

機械装置、測定工具及び検査工具、器具備品、建物附属設備、ソフトウェア

その他の要件

1 計画期間
 3年~5年間とする。

2 労働生産性
 計画期間において、基準年度(直近の事業年度末)比で、労働生産性が年平均3%以上向上すること。

3 計画内容
 先端設備等の導入が円滑かつ確実に実施されると見込まれるものであること。
 認定経営革新等支援機関において、事前確認を行った計画であること。

4 その他配慮すべき事項
(1)雇用の安定に配慮するため、人員削減を目的とした取組は先端設備等導入の対象としないこと。
(2)受益と負担の均衡及び税負担の公平性を保つために、市税を滞納する者は先端設備等導入計画の認定の
  対象としないこと。
(3)健全な地域経済の発展に配慮するため、公の秩序又は善良の風俗を害するおそれがあると認められる
  もの、また、静岡市暴力団排除条例第2条第1号の暴力団の利益になると認められるものは、先端設備等
  導入計画の認定の対象としないこと。
(4)認定を受けた事業者は、先端設備等導入計画の進捗状況を把握し、自己評価を実施すること。また、本市が
  実施する先端設備等導入計画の進捗状況調査について、協力を行うこと。

先端設備等導入計画の申請方法及び必要書類

 下記の書類について、郵送または持参により、産業政策課あて提出ください。

【必要書類】
1 提出書類チェックシート
2 先端設備等導入計画にかかる認定申請書(原本及び写し 各1部)
3 認定経営革新等支援機関の確認書
4 返信用封筒(A4の認定書を折らずに返送可能なもの。返送用の宛名を記載し、切手(申請書類と同程度の重量のものが送付可能な金額)を張付けてください。)
5 直近の納税証明書(個人:市県民税、法人:法人市民税の納付状況が確認できる書類)

【固定資産税の特例措置を希望する場合の追加書類】
6 工業会等証明書の写し

【計画認定後に工業会証明書を提出する場合】
6 工業会証明書の写し
7 誓約書 (申請時に工業会証明書が取得できない場合、後日工業会証明書を提出する際に合わせて提出ください)
  ※固定資産税賦課期日(1/1)までに提出する必要があります。


【計画認定後に申請内容を変更する場合】 →30.10.26追加
認定された計画のうち、導入設備を追加または削除する場合や、変更する場合(例:導入設備のメーカーまたは型番・型式が変更となった)に変更申請が必要となります。
※導入設備のメーカーまたは型番・型式が同一の場合で、「導入時期が少し遅れる」「取得費用が見積結果により多少変更する」「資金の調達内訳が変更される」の時には、変更しないことができます。
 個別の案件で、相談も受け付けておりますので、産業政策課企画係までお問い合わせください。

※※変更申請書の作成にあたっては、認定を受けた「先端設備等導入計画」を修正する形で作成してください。
   変更・追記部分については、変更点がわかりやすいよう下線を引いてください。


【提出先】
[窓口持参の場合]
静岡市役所 清水庁舎 5階 産業政策課

[郵送の場合]
〒424-8701 静岡市清水区旭町6番8号 静岡市役所 産業政策課 あて
「先端設備等導入計画認定申請書在中」と朱書きしてください。

固定資産税の特例について

 中小企業者が、適用期間内に、市から認定を受けた「先端設備等導入計画」に基づき、一定の設備を新規取得した場合、新規取得設備に係る固定資産税が、3年間にわたって、ゼロに軽減されます。

対象の中小企業者

 対象の中小企業者等は下記のとおりです。 (先端設備等導入計画の対象とは異なります)

・資本金もしくは、出資金の額が1億円以下の法人
・資本金もしくは出資金を有しない法人のうち、常時使用する従業員が、1,000人以下の法人
・常時使用する従業員数が、1,000人以下の個人

適用期間

 「生産性向上特別措置法」の施行日から、平成33年3月31日までの期間。

対象の設備

 下記の対象設備のうち、以下の2つの要件を満たすもの。

 要件(1):一定期間内に販売されたモデル (中古資産は対象外)
 要件(2):生産性の向上に資するものの指標(生産効率・エネルギー効率、精度など)が、旧モデルと比較して
      年平均1%以上向上している設備

 ※要件(1)・(2)について、工業会等から証明書を取得する必要があります。
固定資産税軽減対象の設備

固定資産税特例の適用手続き

 認定を受けた先端設備等導入計画に基づき取得した先端設備等については、税法上の要件を満たす場合には、税務申告において、税制上の優遇措置の適用を受けることができます。

 償却資産申告時に、「工業会証明書の写し」、「認定を受けた先端設備等導入計画の写し」、「認定書の写し」を、償却資産申告書に添付して提出してください。

 例年12月頃にホームページにて情報提供を行います。詳細については本市固定資産税課に御確認ください。
固定資産税特例措置利用のながれ

補助金における優先採択

 認定事業者は、下記補助金について、優先採択の対象になります。  補助金の詳細については、下記リンク先で御確認ください。

制度に関するQ&A

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ (新規ウィンドウ表示)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

経済局 商工部 産業政策課 企画係

所在地:清水庁舎5階

電話:054-354-2185

ファクス:054-354-2132

お問い合わせフォーム