8月実施の葵区イベント&区長の島根訪問 印刷用ページ

最終更新日:
2018年9月13日

《納涼大会の手筒花火》 《納涼大会の手筒花火》

皆さん、こんにちは。
葵区長の望月 久です。
8月は、9つの台風が発生するなど、天候を気にして過ごす月となりました。
 
 8月4日は、服織西学区夏祭り納涼大会にお邪魔しました。葵トラベラーの参加者の方は、高山市民の森の散策のあと、新間スポーツ広場に移動し、夏祭り納涼大会に参加しました。多くの地域の方で賑わう中、7時30分からお待ちかねの手筒花火が披露されました。すっかり暗くなった中、手筒花火の炎と大きな音が新間の夜に響き渡りました。服織西学区の絆の強さを感じました。
 

 
 8月5日は、番町小学校グラウンドでばんばん夏祭りが開催されました。各町内会の模擬店に加え、今年から、服織、大川、清沢の自治会からもご協力を頂き、清沢太鼓の披露のほか、大川、清沢の方には地域の特産物を、服織の方々には、竹を使った竹とんぼなどを用意していただき、とても好評でした。地域を大切にしている繋がりの強さを感じました。
《大川の模擬店》 《大川の模擬店》
《清沢の模擬店》 《清沢の模擬店》
《竹馬に挑戦》 《竹馬に挑戦》
   私は、8月末に休暇を利用して、島根県を訪れました。静岡空港からFDAで宍道湖沿いの出雲空港までは、約1時間弱。世界遺産の石見銀山、足立美術館、松江城、松江城の堀川めぐり、出雲神社などを巡ってきました。  
 島根県の人口は約70万人で、静岡市と同じくらいの規模です。市街地の人通りは疎らでしたが、観光地には多くの来客者がいました。 観光スポットには、様々なガイドツアーがあり、好みに合った観光を楽しめる仕掛けが用意されていました。
《松江城》 《松江城》
 石見銀山では、大久保間歩(おおくぼまぶ)という鉱山跡を探索するツアーを体験しました。特別公開の坑道跡などをガイドの丁寧な説明を聞きながら約2時間散策します。松江城の堀川巡りは、落着いた風情の街並みを屋根付きの船に10人程度が乗込み水面から眺めるツアーです。ユーモア溢れたガイド兼船頭の説明を聞きながら巡ります。国際観光文化都市に指定されている松江市の取組みは、とても参考になりました。
《松江城のお堀》 《松江城のお堀》
9月に入り、少しずつ秋の気配も感じられますが、体調管理と気象情報に十分留意し、お過ごしください。

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

葵区 葵区役所 地域総務課 総務係

所在地:葵区役所1階

電話:054-221-1318

ファクス:054-221-1104

お問い合わせフォーム