生活道路対策エリアにおける交通安全対策の取り組み~身近な道路から子供たちを守るために~ 印刷用ページ

最終更新日:
2017年8月4日

概 要

 静岡市では、生活道路において、歩行者・自転車が安心して利用できる道路環境づくりを進めるため、国道1号など幹線道路に囲まれた清水区『入江地区』を生活道路対策エリアのモデル地区に指定し、地域の皆様と行政が協働して安全対策に取り組んでいます。
 平成28年度は、地元の代表者を含めた「入江地区生活道路安全対策協議会」を設立し、その中で、地区内の交通課題の把握や共有、課題解消のための対策案の検討を行ってきました。
 平成29年度は、協議会で決定した内容について、短期対策及び実証実験の実施を予定しています。
生活道路対策イメージ 生活道路対策イメージ
生活道路安全対策協議会イメージ 生活道路安全対策協議会イメージ

平成29年度の取組

 平成28年度に入江地区生活道路安全対策協議会で提案のあった対策のうち、グリーンベルトやゾーン30の強調を短期対策として実施します。
 また、仮設ハンプを設置する実証実験を行い、速度抑制や抜け道利用に対する効果、地域住民の方々への影響を調査します。
 

入江地区生活道路対策エリア

協議会の様子 協議会の様子


〇第1回入江地区生活道路安全対策協議会
  平成28年10月24日(月) 19:00~21:00

  第1回協議会の内容(資料)(PDF7.53MB)



〇第2回入江地区生活道路安全対策協議会
  平成29年1月19日(木) 13:30~16:30

  第2回協議会の内容(資料)(PDF4.64MB)



〇第3回入江地区生活道路安全対策協議会
  平成29年3月15日(水) 14:00~16:00
  
  第3回協議会の内容(資料)(PDF3.27MB)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

建設局 道路部 道路保全課 交通安全施設係

所在地:静岡庁舎新館4階

電話:054-221-1284

ファクス:054-221-1130

お問い合わせフォーム