平成29年度 駿河区魅力づくり事業 印刷用ページ

最終更新日:
2017年10月16日

10月に収穫したさつまいもでおやつを作りました!〈高松こども園〉

 12月4日(月)、高松こども園の年長組の園児たちが、10月に収穫したさつまいもを使っておやつ作りをしました。
 大谷こども園に続いて、高松こども園でも“干しいも”と“いものこ”作りに挑戦!作り方を教えてくれたのは、JA静岡市女性部の皆さんです。
 干しいも作りでは包丁を使います。切る順番はどうやって決めるのかな?と見ていると、「じゃんけんしよう~!」という元気のいい声があちこちから!みんなで譲り合って、仲良く干しいもを作ることができました(^^)作った干しいもは、おうちに持ち帰り、4~5日干してもらいます。甘くなったら、おうちの人と仲良く食べてね♪
 いものこ作りでは、友達がビニール手袋をつけるのを手伝ってあげたり、いもをつぶすときにボウルを押さえてあげたりと、協力しながら作業を進めていました。つぶしたいもを丸めて、個性豊かないものこが完成!こちらは、園で4~5日天日干しにしてから食べます。
 最後に、園児のみなさんからお礼に歌のプレゼント!!一生懸命歌う姿に、心があたたまりました♪
 
1
2
3

10月に収穫したさつまいもでおやつを作りました!〈大谷こども園〉

 11月27日(月)、大谷こども園の年長組の園児たちが、10月に収穫したさつまいもを使っておやつ作りをしました!
 今回は“干しいも”と“いものこ”という2種類のおやつ作りに挑戦。JA静岡市女性部の皆さんが先生となって、作り方を教えてくれました。
 まずは、干しいも作りから!包丁を使って、さつまいもを食べやすい厚さに切り分けます。それまで賑やかだった子どもたちも、包丁を使う時は真剣な眼差しに。上手に切ることができると、笑顔が広がりました♪
 次に作ったのはいものこ。いものことは、蒸かしたさつまいもの皮をむき、つぶして丸めた優しい味のおやつのこと。各グループで思い思いにさつまいもを丸めて、いろんな形のいものこを作りました。作った後はちょっぴり味見…☆「砂糖を使っていないのに甘いね」「おいしいね」と大好評!最後は、おやつ作りの感想を元気よく手をあげながら発表してくれました♪
 作ったおやつは、4~5日ほど天日干しにした後で食べる予定です。干したらどんな味になるのかな?楽しみですね(*^v^*)
 
1
2
3

駿河ふれあいふくしフェスタに出展しました!

 駿河区自治会連合会と駿河区役所が一体となって推進する、「明るい駿河区みんなでエコライフプロジェクト」。11月23日(木・祝)、プロジェクトの一環として、駿河区地域福祉推進センターが主催する「第10回 駿河ふれあいふくしフェスタ」に出展しました!
 今回、来場された方々に行っていただいたのは、地球温暖化防止対策のための運動「COOL CHOICE(賢い選択)」に関するチェックシートの記入。これから実践できそうな行動にチェックを入れながら、エコライフに対する意識を高めていただきました。
  また、子どもたちには、家族でエコドライブを心掛けるよう“エコドライブ10のすすめ”が書かれた「エコドライバーシート」も作ってもらいました。車型のシートをマーカーやクレヨンで好きな色に塗って、ラミネートしたら吸盤を付けて完成!おうちの人に渡して車や冷蔵庫に貼ってもらってねと伝えると、完成品を嬉しそうに受け取ってくれました。
  さらに、今回「COOL CHOICE」シートの記入やエコドライバープロジェクトに参加してくれた200名以上の皆さまには、間伐材を使用したトロベーのコースターをプレゼント。お子さんにも大人の方にも「かわいい」と大好評でした♪

1
2
3

駿河区旬穫祭「さつまいも収穫体験」を開催しました!

 10月11日(水)、大谷小学校近くの畑で、JA大谷支店を拠点に農業を通じて地域活性化に取り組む「大谷アグリカルチャー協議会」と協働して、園児によるさつまいも収穫体験を開催しました。
 
 当日は、駿河区内の高松こども園と大谷こども園の年長組、計56人が参加してくれました。JAの職員さんから掘り方を教わり、早速さつまいも掘りに挑戦!土の中を一生懸命掘っていくと…大きな大きなおいも!園児たちの歓声が溢れます♪
 さつまいもを収穫した後は、ほくほくの焼き芋の試食タイムも🍠
 
 秋晴れの空に、園児たちの笑顔がきらきらと輝いていました。
土の中を掘っている様子
やきいもを食べる園児
おおきなおいもを持ち上げる園児

【応募締め切りました】「駿河区フォトロゲイニングin静岡市」開催します!

1

12月17日(日)実施の「駿河区フォトロゲイニングin静岡市」は定員に達したため、募集を締め切りました。
たくさんのご応募、ありがとうございました!!

イベント当日、参加者の方を見かけた際には、応援していただけると嬉しいです♪
参加される皆さまは、残り1週間、体調に気を付けてお過ごしください!
スタッフ一同、会場にてお待ちしております★


* * * * * * * * * * * * * * * * * * 

昨年大好評だった「駿河区フォトロゲイニング」を今年も開催します!
スポーツをしながら観光できるフォトロゲイニング!
ランニングでもウォーキングでもOK☆
どなたでも気軽に楽しむことができるスポーツイベントです。
皆さまのご参加、お待ちしています♪

 ~フォトロゲイニングのルール~
当日配られる地図をもとに、時間内にチェックポイントを回り、得点を集めるスポーツです。
チームごとに作戦を立て、チェックポイントでは見本と同じ写真を撮影します。
チェックポイントの数字がそのまま得点となり、より合計点の高いチームが上位となります。

~大会概要~
【開催日】12月17日(日)

【集合場所/スタート/フィニッシュ】静岡県立大学短期大学部(静岡市駿河区小鹿2-2-1)

【実施エリア】集合場所を含む静岡市駿河区内のおよそ5km×7kmの範囲
 
【タイムスケジュール】
9:30 受付(10:20終了)
10:30 開会式
11:00 スタート
14:00 フィニッシュ
14:45 表彰式
※時間は進行状況により変更あり。

【競技時間】3時間

【チーム構成】2~5名

【カテゴリー】
 (1)混合(男女1名以上で組まれたチーム)
 (2)男子(男子のみで組まれたチーム)
 (3)女子(女子のみで組まれたチーム)
 (4)ファミリー(中学生以下の子ども最低1名と18歳以上のメンバーを含むチーム)
※各カテゴリーともチーム内に18歳以上を1名以上含むこと。

【定 員】300名(先着順)

【参加費】1人につき 大人(高校生以上)3,000円 中学生以下1,500円 未就学児無料

【表 彰】各カテゴリー上位3チームに記念品を贈呈。その他参加賞、特別賞、ベストドレッサー賞もあります。

【申込期間】10月10日(火)~12月4日(月)

【申込方法】WEB(スポーツエントリーサイト)で申込み(先着順)。下記リンク先よりどうぞ。
※申込方法など詳しくは、テレビ静岡事業部 TEL:054-261-7011(平日9:30~17:30)へどうぞ。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

祝!10周年☆ 大浜ビーチフェスタ2017に行こう!

 駿河区内の海岸で唯一行われるビーチイベント、「大浜ビーチフェスタ2017」が今年も開催されます!
 海や砂浜といった自然が持つ魅力を多くの市民に知ってもらおうと、市民有志が始めたこのイベントも、記念すべき10回目を迎えます。

イベントの内容は・・・
◎サッカーやバレーなどの“ビーチスポーツ”⚽
◎砂遊びや水鉄砲ウォーズなどで遊べる“キッズランド”
◎いろいろな体験や学び、充実した飲食を楽しめる“ブース出展”
◎かわいいご当地アイドルが大集合する“ステージイベント”

このほかに、前回ご好評いただいた、駿河区役所による“防災標語大声コンテスト”も開催します。声の大きさに自信のある方、ぜひご参加ください!!

 10周年というメモリアルにふさわしい、例年以上に充実した内容です♪
 「浜ゆき」で今年最後の夏をぜひ楽しんでください(^▽^)☀

【日 時】平成29年9月17日(日)9:00~15:30
9/17(日)は台風の影響により中止となりました。
順延の有無については、9/18(月・祝)当日朝6時に大浜ビーチフェスタ実行委員会HP(http://beachfesta.kitweb.jp/)に掲載します。
※9/18に順延になった場合、開催内容の一部に変更が生じる可能性があります。


【会 場】大浜海岸、大浜公園
(※中島浄化センター臨時駐車場からシャトルバスが出ますが、台数が限られるため、できるだけ公共交通機関をご利用ください。)
1
2

幻想的な「明治トンネル異空間イベント」が開催されました☆彡

 8月23日(水)駿河区宇津ノ谷にある明治トンネルを会場に、“時空を超えて 異空間で遊ぶ 真夏の夜 夢かうつつの夕べ”と題して、雅楽演奏や演劇家の語りと狂言を楽しむ「明治トンネル異空間イベント」が開催されました。

 これは、宇津ノ谷地区の最大行事である「宇津ノ谷地蔵盆」にあわせ、宇津ノ谷の住民や分かれて住む子や孫、他地区からの来訪者に宇津ノ谷地区の魅力を発信し、地域への愛着を深め、賑わいの創出を図るため、長田自治会連合会が主催し、地域活動を区が支援する「駿河区地域の元気アップ応援プロジェクト」を活用して実施されたものです。

 久しぶりに猛暑日となったこの日は、宇津ノ谷地蔵盆の夜。「異空間で遊ぶ」をテーマとしたこのイベントは、ぼんやりとオレンジ色に光る宇津ノ谷トンネルを背景に、虫たちの鳴き声がBGMとなり、幻想的な雰囲気の中、“宇津ノ谷倶楽部(※)”の新生さんの軽妙な語り口の司会で幕を開けました。(※宇津ノ谷の伝統継承や賑わいの創出を目的に活動している団体で、今回のイベントの運営を担当)

 集まった50人以上の観客の中には、お盆で帰ってきたご先祖様も混ざっているのでは…。

 そんな不思議なムードの中、市内の各種イベントにも多数出演する演劇家「法月美幸」氏による雰囲気たっぷりの怪談話と狂言や、市内を中心に活動する雅楽演奏者集団「静岡元気!雅楽一手一つの会」による格調高い雅楽演奏が披露され、いつもは人通りの少ない明治トンネルの周りは大勢の拍手で包まれました。

 帰省中という観客の一人からは「明治トンネルというロケーションと、お盆という季節が相まってとっても幻想的だった。今は地元を離れているが、このイベントで故郷への愛着が深まった」との声も聞かれました。

 イベントの最後には、主催者から「また地域の歴史資源や魅力を活かしたイベントを企画していきたい」とのお話がありました。

 宇津ノ谷地区を盛り上げるために、次はどんなイベントを企画してくれるのでしょうか?  

 今後の活動にも期待したいですね☆
雅楽演奏写真
狂言写真

「~親子で学ぼう~かかし作りと命を育む農業体験」が開催されました♪

7月29日(土)駿河区丸子赤目ヶ谷にある起樹天満宮(おききてんまんぐう)において、NPO法人丸子まちづくり協議会主催の「かかし作り体験」が開催されました。
 このかかし作り体験は、同協議会が企画運営している「~親子で学ぼう~かかし作りと命を育む農作業体験」事業のうちの1つの試みで、農作業体験を通し命の大切さを知り、他人を思いやる心を持った子どもを地域で育てることを目的としています。今回、新たに取り組む地域活動を区が支援する「駿河区地域の元気アップ応援プロジェクト」を活用して行われました。
 
 参加した子どもたちは、お父さんやお母さんと一緒に、竹の棒に藁を縛り付け、着物や服を着せて、一生懸命リアルに作ろうと工夫していました。中には、紙にイメージ図を用意して来た子も!いざ作ってみると、大人のほうが真剣になっていたような・・・!
 
 今回作ったかかしは、6月に同事業にて子どもたちが田植えをした田んぼへ設置しました。10月には稲刈り体験を行い、同時にかかしコンクールを開催し、今回作った作品の表彰を予定しています。どのかかしも個性豊かで、素敵なものばかり!どの作品が表彰されるのか今から楽しみです♪
 
 
 
かかしコンクールの看板の写真
田んぼにかかしを設置している写真
かかしコンクールの看板の写真

駿河区地域の人材育成事業「駿援隊」受講生を募集します♪

 駿河区では、自治会・町内会などの地域コミュニティの活性化を図るため、その中堅となって活動できる人材を育成することを目的に、駿河区魅力づくり事業の一環として、「駿河区地域の人材育成事業 駿援隊」を開催いたします。平成28年度は、住民協働を考えるワークショップのほか、会計事務、補助金手続き、法務能力向上といった実務的な講座を通じて人材育成を実施し、平成29年度は地域のイベントの企画・運営など、イベントプランニングを学ぶ講座(計4回)を以下のとおり実施します。
 この事業を通じて、駿河区を応援する志をもって活動してくださる方々を増やすことで、地域コミュニティの活性化を目指していきます。

講座概要 ◎全4回の講座です。(時間はすべて9:00~12:00)
 
  開催日 タイトル 内容
第1回 10月8日(日) イベントを企画してみよう イベントの意義や企画の手順を学び、ミニイベントの企画に挑戦!
第2回 11月12日(日) イベントを運営してみよう 第1回で企画したミニイベントを実際に運営してみましょう。
実施後に、運営者として検証し、改善点を検討します。
第3回 12月10日(日) プランナーの目で既存イベントを見直そう 企画者の視点をもって、既存のイベントを見直し、課題を整理。
参加者共通の課題については、解決策を検討し共有します。
第4回 来年
 1月14日(日)
駿河区にほしいイベントを企画・提案しよう 駿河区在住プランナーとして、現在の駿河区にほしいと思うイベントを企画・提案しましょう。

【 会   場 】  駿河区役所3階大会議室(駿河区南八幡町)
【 講   師 】  株式会社そふと研究室 代表取締役 坂野真帆氏
【 対   象 】  駿河区の自治会・町内会に加入している方と 加入を検討している方 30人程度
【 申 込 み 】  別添申込書をFAXで駿河区役所地域総務課へ
【申込期限】  平成29年8月31日(木)

◆4回すべて受講された修了生には、駿河区長から修了証書及び駿援隊ピンバッジを差し上げます。
◆駿援隊修了生には、静岡シチズンカレッジこ・こ・にの「こ・こ・にポイント」★(1ポイント)付与します。

【問合せ】駿河区役所地域総務課 総務・地域振興係 ☎054-287-8682
駿援隊ロゴ
画像1

長田の桃狩りとたたみいわし作り体験を実施しました♪

 7月1日(土)に市内の小学生とその保護者24組48名が参加し、駿河区旬穫祭「長田の桃狩りとたたみいわし作り体験」を実施しました。
 当日は雨の予報だったにも関わらず、天気に恵まれ太陽がまぶしい1日に! 朝早くから区役所に集合し、バスで最初の目的地へと向かう参加者たち。バスの中では駿河区公式キャラクター「トロベー」の応援ソング「トロベーといっしょ」が流れ、みんなの期待も高まります♪

 まず参加者が向かった先は、駿河区広野でしらすの加工販売を行っている「有限会社マルキ」さん。熟練のスタッフさんの技を見せてもらいながら、たたみいわしの作り方について教えてもらいました。初めは少し緊張した様子でしらすを広げていた子どもたちも、「上手にできたね」と言われ満足そうな表情に。なかには「スタッフにほしい」と言われるほどの腕前を見せたお子さんも!
 
 次に向かったのは同じく広野にある桃畑。最初に長田の桃について、生産者の方から教えてもらいました。「長田の桃は露地産としては日本一早出しで、6月初めから7月中旬が収穫時期です。長田の桃は、果肉が軟らかく食べやすいのが特徴です」と長田の桃の特徴や魅力について話して頂き、みなさん熱心に聞いていました。生産者の方から食べ頃の桃を教えてもらいながら、さっそく桃狩りスタート!親子でお気に入りの桃を探し、慎重にもぎ取っていきます。その場で皮をむいて食べるとれたての桃に「甘くてとってもおいしい!」と感動の声。 生産者の方お手製のコンポートやジャムの試食も大人気でした♪

 最後はたたみいわしを受け取るため、マルキさんの工場へと戻ります。3時間ほど乾燥させたたたみいわしを上手にはがして完成!「焼いて食べてね」と食べ方を教えてもらいました。

 子どもも大人も貴重な経験ができた旬穫祭でした♪
1
2
3

「駿河区旬穫祭in葵スクエア」を開催しました☆

 6月16日(金)葵スクエアにて、今年も「駿河区旬穫祭in葵スクエア」を開催しました!
 お天気にも恵まれ、この日の静岡は全国一の暑さに…!!そんな暑さにも関わらず、多くのお客様が駿河区の新鮮な農水産物を求めて、足を運んでくださいました。
 販売ブースには長田の桃、久能の葉しょうが、お茶、旬の野菜、はちみつ、冷凍いちご、長田唐芋コロッケといった農産物や、ちりめん干し、ところてんといった水産物が勢ぞろい!駿河区応援隊長のトロベーも応援に駆け付け、駿河区の旬の味をしっかりPRしていました☆
 インフォメーションブースでは、「駿河区コミュニティーマップ」やパンフレットの配布のほかに、農水産物に関するクイズコーナーを設けました。「むずかしい~」「これは分かる!」などと言いながらクイズに挑戦するお客様たち。正解を知ると、「意外と知らないことが多くて、勉強になりました!」「子どもにも教えますね」と楽しんでいただけた様子でした。
 お店で駿河区産の農水産物を見かけた際は、ぜひ手に取っておうちで旬の食材を楽しんでくださいね♪
1
2
3

駿河区旬穫祭「長田の桃狩りとたたみいわし作り体験」参加者募集!

 露地産では、全国一の早出し産地の「長田の桃」。
6月初めから7月中旬までが収穫期で、さおとめ・はなよめ・日川白鳳・暁星・白鳳の早生種5種類が順次、収穫・出荷されます。水分が多く、ジューシーな味わいでくどくない爽やかな甘みが特徴です!完熟した桃は容易に手で皮がむけるほど食べやすくなります。
 また、最近はしずまえブランドとして売り出している「用宗産しらす(いわしの稚魚)」。
このしらすを新鮮なうちに乾燥させ、日持ちするように加工したたたみいわしは、軽くあぶって食べるのがおすすめです!
 2つの珍しい体験をお楽しみできるイベントです。ご応募お待ちしております♪

★と き:平成29年7月1日(土) 8時30分から14時(※小雨決行)
★ところ:桃畑(駿河区広野海岸公園近く)、たたみいわし作り工場(駿河区広野)
★内 容:(1)たたみいわし作り体験(60分)
      (2)桃の収穫体験(60分)
      (3)昼食(60分)
      (4)完成したたたみいわしの受取
      ※昼食は、各自持参してください。
      ※当日は駿河区役所に集合し、マイクロバスで移動します。
★対 象:市内の小学生とその保護者24組48名
     ※お子様1名・保護者1名のペアでご応募ください。
      保護者1名に対し、複数のお子様の申込みはできません。
★会 費:500円(1人)
★申込み:往復ハガキに下記必要事項を記入の上、
「〒422-8550 駿河区役所地域総務課」まで6月16日(金) 必着で郵送してください。(多数抽選)
【必要事項】(1)住所 (2)全員の氏名(ふりがな) (3)お子様の学年 (4)電話番号
       (5)返信用あて名 (6)区役所までの交通手段
     ※参加の可否については、開催日の1週間前を目安に通知します。

6月16日(金)をもって申込みは終了となりました。
多くの方から申込みいただき、誠にありがとうございました。
抽選を行い結果を通知いたします。

 
1
2

「駿河区旬穫祭in葵スクエア」開催~桃や葉しょうがなど駿河区の旬を味わおう!~

6月16日(金)に葵スクエアにおいて、「旬穫祭in葵スクエア」を開催します!
当日は、旬を迎えている『長田の桃』や『久能の葉しょうが』などの農産物のほか、
『しずまえ』の海産物など、駿河区内の旬の食材が並びます。
ぜひお立ち寄りください♪

◎と き:平成29年6月16日(金) 11:00~13:30 ※荒天中止
※品物が無くなり次第、終了します。
◎ところ:葵スクエア(静岡庁舎西側広場)

◆◇出展団体◇◆
No 出展団体 内  容
(1)
久能葉しょうが委員会
JA静岡市南部営農経済センター
 
久能の葉しょうがの販売
(2)
駿河区産の冷凍いちご
(いちご園 三軒屋)
 
駿河区産のいちごの加工品の販売

(3)
 

宇津ノ谷峠のお茶(銀平・山形農園)
 

駿河区産のお茶の販売
 
(4) 静岡県養蜂協会静岡支部
静岡市産のはちみつの販売
 
(5) 長田桃生産委員会
JA静岡市長田営農経済センター

今が旬の長田の桃の販売
 
(6)
JA静岡市南部じまん市
 

駿河区内で収穫された旬な野菜の販売
 
(7)
長田唐芋部会(とうのいも)
 

長田唐芋を使用した里いもコロッケの販売
 
(8)
用宗のところてん
 
結べるところてんの販売
(9)
用宗魚仲買人水産加工業協同組合
(株式会社マルカイ)
 
ちりめん干しなど「しずまえ」の海産物の販売
(10)
インフォメーション
 
駿河区の魅力紹介
(1)
(2)

「駿河区旬穫祭in用宗漁港まつり」大盛況でした!

4/29(土)に開催された「用宗漁港まつり」に駿河区旬穫祭ブースの出展をしました♪
澄んだ青空の下、イベントの目玉『しらすの販売』には朝から長蛇の列!生しらす丼や釜揚げしらす丼をお手頃価格で味わえる漁協直営のどんぶりハウスも大盛況でした!!
そんな中、駿河区が誇る食材「久能の葉しょうが」ブースにも、たくさんのお客様が旬の味を求めて立ち寄ってくださいました。カリッとした食感、爽やかな辛味・・・おみやげに買って帰る方だけでなく、会場内で食べたいとお買い上げいただいた方も大勢いらっしゃいました。ご来場いただきありがとうございました!
また、区のPRブースでは旬穫祭事業のパネル展示や、駿河区の観光・食・人の魅力を1冊にまとめた「駿河区コミュニティーマップ」の配布などを通じて、来場者の方に区の魅力をPRしました。
また、漁港まつりを盛り上げるために、駿河区応援隊長「トロベー」と清水区広報キャラクターの「シズラ」が登場!子どもたちに大人気でした☆

次回は、6/16(金)に静岡市役所前の葵スクエアにて「旬穫祭in葵スクエア」を開催します♪葉しょうがや長田の桃の販売を行いますので、皆様ぜひお立ち寄りください!
(1)
(2)

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロードページ (新規ウィンドウ表示)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

駿河区 駿河区役所 地域総務課 総務・地域振興係

所在地:駿河区役所3階

電話:054-287-8682

ファクス:054-287-8709

お問い合わせフォーム