7月は「PCB適正処理推進月間」です 印刷用ページ

最終更新日:
2018年7月9日
 ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法を所管する東海4県7市では、本年7月を「PCB適正処理推進月間」と定め、高濃度PCB廃棄物等の適正処理について関係事業者等の指導と未発見の高濃度PCB廃棄物等の有無の確認について啓発活動を行います。

静岡市内のPCB廃棄物の処分期間と処分先


 PCB廃棄物は、「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(以下「PCB特別措置法」という。)」等に定められた期限までに処分しなければなりません。
 PCB使用製品についても、使用を終え、PCB廃棄物として処分する必要があります。
 高濃度PCB廃棄物は、処分期間を過ぎると事実上処分することができなくなります。
 静岡市内のPCB廃棄物の処分期間と処分先は、以下のとおりです。
 
区分 廃棄物の種類 処分期間 処分先
高濃度PCB廃棄物 変圧器・コンデンサー等 平成34年3月31日まで JESCO(注2)豊田PCB処理事業所
安定器及び汚染物等(注1) 平成33年3月31日まで JESCO(注2)北九州PCB処理事業所
低濃度PCB廃棄物 全ての種類 平成39年3月31日まで

無害化処理認定施設

都道府県知事等許可施設

 (注1)小型電気機器の一部を除く。
 (注2)中間貯蔵・環境安全事業株式会社

◇「安定器及び汚染物等」については、7月5日(木)が処分期間の末日である平成33年3月31日まで残り1,000日となっており、処分の期限が迫っています
 

関連サイト

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

環境局 廃棄物対策課 適正処理推進係

所在地:静岡庁舎新館13階

電話:054-221-1364

ファクス:054-221-1564

お問い合わせフォーム

7月は「PCB適正処理推進月間」です