議会の役割 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日

 私たちの静岡市を快適で住みよいまちにしていくためには、市民一人ひとりが自分たちで考え、話し合い、決めたことを自分たちの手で実行していくことが大切です。
 しかし、市民全員が集まって行うことは困難なので、選挙をして皆さんの代表者を選びます。これが市議会議員と市長です。
 市議会議員は、市民の願いを市政に反映させるため、市議会を構成して市民生活のさまざまな課題についてきめ細かく審議し、どう処理すべきかを決めていきます。このため、市議会は議決機関と呼ばれています。
 一方、市長は、市政を運営するため、必要な予算や条例などを市議会に提案し、その議決を受けて、実際に市政を進めていきます。このため、市長は執行機関と呼ばれています。
 市議会と市長は、お互いに独立した立場から協力し合って、市民生活の向上のために活動しています。
 議会の主な権限には次のものがあります。

 
議決権
条例や予算などを決めること。
(条例の制定、改正、廃止、予算の決定、決算の認定等)
調査権・検査権・監査請求権
市の事務を調査したり、監査委員に監査を求め報告を請求すること。
選挙権
議長、副議長、選挙管理委員などを選挙すること。
意見書提出権
意見書(国、県への要望等)を提出すること。
請願・陳情受理権
請願・陳情を受け付け、審議すること。
同意権
副市長、監査委員などの選任に同意すること。

 


 

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

議会事務局 調査法制課 調査法制係

所在地:静岡庁舎本館2階

電話:054-221-1481

ファクス:054-251-9213

お問い合わせフォーム