起点としての80年代展

展示会

起点としての80年代展

 1980年代は、「インスタレーション」や「メディア・アート」など、今日の美術につながる重要な動向が生まれた時代です。「美術」ではなく「アート」という言葉がよく使われるようになり、美術館ギャラリー以外にも「オルタナティブ・スペース」が登場し始めたのもこの時代でした。近年、「具体」や「もの派」など1970年代までの戦後日本美術に関する研究は国内外で急速に進んでいます。また90年代以降のサブカルチャーに影響を受けた表現が注目を浴びるなか、その狭間に位置する80年代の検証はまだこれからと言えるでしょう。
 本展は、「メディウムを巡って」「日常とひそやかさ」「関係性」「記憶・アーカイヴ・物語」という今日的な4つのキーワードをあげ、19人の作家を紹介しながら1980年代の日本の美術を見つめます。懐古的にこの時代を振り返るのではなく、現在の視点から照射することで、80年代に築かれた豊かな表現が見えてくることでしょう。
 本展は、金沢21世紀美術館、高松市美術館と当館の3館による共同企画展で、当館が最終会場となります。また、80年代における静岡のアートシーンの一端をアーカイヴ資料で紹介する「Shizubi Project7 アーカイヴ/1980年代-静岡」も同時開催します。

日時

2019年1月5日~2019年3月24日

場所

静岡市美術館
­

内容

イベント情報などの詳細はこちらをご覧ください。
http://www.shizubi.jp/静岡市美術館ホームページ 
/000804536.pdf起点としての80年代展チラシ    

主催者・問い合わせ先

静岡市美術館
所在地:
〒420-0852 静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3F
電話番号:
054-273-1515

本ページに関するお問い合わせ先

観光交流文化局 文化振興課 施設管理係

所在地:静岡庁舎新館16階

電話:054-221-1044

ファクス:054-221-1407

お問い合わせフォーム

平成26年7月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31