権利擁護支援について 印刷用ページ

最終更新日:
2018年6月22日
 認知症、知的障がい、精神障がいなどにより、財産管理や福祉サービスの利用契約等についてお困りのことがありましたら、まずは地域包括支援センターや各区高齢介護課、各区障害者支援課、精神保健福祉課にご相談ください。判断能力が十分でない方の権利を守り、安心して日常生活を送ることができるように支援するための以下のようなしくみがあります。

日常生活自立支援事業(地域福祉権利擁護事業)

 社会福祉協議会に登録された生活支援員が、日常生活に不安がある人や、判断能力が十分でない利用者本人に代わって、サービスの利用の手続きや日常的な金銭管理などを行います。

 【問い合わせ先】  
   静岡市社会福祉協議会地域福祉権利擁護センター  
  TEL 054-273-8090

成年後見制度

   財産の管理や身上監護(介護・施設への入退所などの生活に関すること)についての法律行為を行うときに、その人の意思を尊重し、権利と財産を保護し、支援する制度で、各人の判断能力の差や必要に応じて後見人等が選任され、対応します。  また、本人が判断能力が衰えたときに備えて、あらかじめ自分で後見人を選んでおき、将来の生活支援や財産の管理などを頼んでおける、任意後見制度もあります。

 【問い合わせ先】
  静岡家庭裁判所(申立てに関する手続きについて) TEL 054-903-8275  
  県弁護士会高齢者・障害者総合支援センター     TEL 054-252-0008  
  成年後見センター・リーガルサポート静岡支部(県司法書士会内)    
                                   TEL 054-289-3999  
  県社会福祉士会「ぱあとなあ静岡」           TEL 054-252-9877

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 健康福祉部 福祉総務課 地域福祉・人権擁護係

所在地:静岡庁舎新館14階

電話:054-221-1366

ファクス:054-221-1091

お問い合わせフォーム