その他の外来生物について 印刷用ページ

最終更新日:
2018年8月14日

外来生物ジギタリスについて

 ジギタリスはヨーロッパ原産の植物で、和名をキツネノテブクロともいい、美しい花をつけることから鑑賞用として栽培されています。 また、全身に毒をもち、かつては薬用としても用いられてきました。
 
 ジギタリスは外来生物であり、野外で繁殖してしまうと生態系に影響を及ぼす恐れがあります。
 このジギタリスが、葵区梅ヶ島の大谷崩(おおやくずれ)の上部、新窪乗越(しんくぼのっこし)というところで発見されました。

 
 職員が調査を行い、発見されたジギタリスは抜きとり処分しました。
 

 このジギタリスは、登山者の靴に種子が付着し運ばれた可能性があります。
 この周辺でジギタリスを見かけたら、抜きとっていただき、可能ならほかのごみと一緒に持ち帰って処分してください。

 調査の様子はこちらから しぜんたんけんてちょう「外来種「ジギタリス」が大谷崩で発見されています!」

外来生物について

 外来生物とは、もともといなかった国や地域に、人間の活動によって持ち込まれた生きものを指します。
 日本には、国外から持ち込まれたものだけでも、2,000種類以上の外来生物がいるといわれています。このなかには、ペットや観賞用の植物、釣り、食用のために持ち込まれたものや、物資などにくっついて、いつのまにか入ってきたものが含まれています。

 これらの生きものは、日本の生態系や、生物多様性に影響を与えてしまうものもあります。

 また、外来生物のうち、生態系、農林水産業、人の生命・身体への被害が大きいものについて、外来生物法で「特定外来生物」に指定し、その飼育・栽培、運搬、保管、輸入、販売、野外に放つことを禁止しています。

 これらの外来生物を発見したら、静岡市環境創造課(Tel:054-221-1319、Fax:054-221-1492)までご連絡ください。

本ページに関連する情報

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

環境局 環境創造課 自然ふれあい係

所在地:静岡庁舎新館13階

電話:054-221-1319

ファクス:054-221-1492

お問い合わせフォーム