動物由来感染症について 印刷用ページ

最終更新日:
2017年10月11日
 「動物由来感染症」とは、動物から人に感染する病気の総称です。
 身近なペットから感染することもありますので、動物とふれあった後は手をよく洗い、野生動物には触らないようにしましょう。

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)

 

主にSFTSウイルスを保有するマダニに刺咬されることで感染します。
●感染後1~2週間後に発熱や嘔吐、腹痛、下痢、下血などの症状が出ます。
●草むらなどに入るときには、長袖長ズボンを着用し、皮膚の露出を控えるようにしましょう。

[平成29年7月24日]
 弱った野良猫を保護しようとした際にかまれた女性が、SFTSを発症し、約10日後に死亡した事例が厚生労働省から発表されました。
[平成29年10月10日]
 SFTSに感染していた飼い犬に、直接触れて世話していた男性がSFTSに感染したと徳島県から発表されました。度々犬に手をなめられており、口や皮膚の傷などを通じて感染した可能性が高いとのことです。

●体調不良の動物を扱う際には手袋や防護衣などを使用し、直接触れないように注意してください。
 

 

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 保健衛生医療部 動物指導センター 動物指導第1係

所在地:葵区産女953

電話:054-278-6409

ファクス:054-278-2987

お問い合わせフォーム

動物由来感染症について