10月市民カメラマンレポート1 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日

園児が稲刈り

 市内葵区の杉の子幼稚園と横内幼稚園の園児が、
黄金色に実った稲を刈り取りました。

 JA静岡市の営農指導員から鎌の持ち方などの話を聞いた後、
園児が1人1株ずつ稲刈りを体験しました。
 稲刈りの後、赤とんぼやバッタ、カエルなどを追いかけ回して
普段幼稚園ではできない自然との触れ合いを楽しみました。
 収穫したもち米の稲は脱穀・精米をした後、園児たちは12月に
餅つきをして全員で味わうそうです。

この稲は6月上旬に園児が自分たちで田植えをしたものです。


平成26年度 市民カメラマン 二宮 尊治
園児が稲刈り1
園児が稲刈り2

光と影の夢の世界へ・おはなし影絵の会

10月4日、由比生涯学習交流館では
影絵劇団うた時計による「おはなし影絵の会」が
開かれました。

影絵を使った楽しい歌や手遊びなどのほか、
子どもたち自らが操作する影絵の操作体験に人気が集まり、
子どもたちの顔は自然とほころび、
夢の世界を楽しんでいました。

最後の宮沢賢治のお話は、影絵が作る夢のような世界に浸り、
大人も子どもも影絵の楽しさに、しばしうっとりしていました。


平成26年度市民カメラマン 望月 敏秀
光と影の夢の世界へ・おはなし影絵の会1
光と影の夢の世界へ・おはなし影絵の会2

おひさまサロン

10月10日、駿河区の「中島児童館」で
“おひさまサロン”というイベントが行われ
0歳児から未就学児までの子育て中の親と子40組80人が
参加しました。

これは「中島児童館」が地域での子育のために
“交流の場”“くつろぎの場”“リフレッシュの場”
“相談員による子育て相談の場”を作っているもので、
毎月テーマを変えたプログラムを提供しています。
この日は「いざという時知っておきたい救急法」を
メインに行いました。

石田消防隊の4人が講師として呼ばれ、子どもたちが
「誤飲」や「やけど」をしたり高熱で意識の薄れた時などを想定し、
その対処方法を人形やAEDを使って講義しました。

参加者は「いざという時パニックになってしまうでしょうが、
こうして幼児を対象に対処方法を教えていただき参考になりました」
と話していました。(10/10撮影)

平成26年度市民カメラマン  田中 浩
おひさまサロン1
おひさまサロン2

清水港マグロ祭り

マグロの水揚げ量日本一を誇る清水で12日、 清水港マグロ祭りが開かれ
地元をはじめ県内外から多くの人が訪れにぎわいました。

平成26年度市民カメラマン 片岡 喜代子

清水魚市場では、宮城県塩釜港から直送された重さ約80㎏のマグロを包丁一本で裁くマグロの解体ショーや
海産物の“模擬セリ”などが行われ、大勢の人が妙技に見入ったりセリに参加したりしていました。

平成26年度市民カメラマン 田中 浩




 
模擬店ではマグロをはじめ多くの地元産品も並び、家族連れなどの来場者はその美味しさに笑顔いっぱいでした。
マグロを学び、遊び、食べ、マグロを十二分に堪能しました。
静岡人には根強いマグロ人気があることを再認識した一日でした。

平成26年度市民カメラマン 望月 敏秀

マグロのキャラクターマグマグが登場するとあっという間に子どもたちに囲まれて、
やはり冷凍よりもコチラのほうが人気があるようです。

平成26年度市民カメラマン 大滝 和男


メイン会場の多目的広場でのグルメコーナでは、マグロ汁、マグロお刺身試食、マグロ体重当てクイズ、
マグロ握り早食い大会が開かれ、整理券が不足するほどの賑わいでした。

平成26年度市民カメラマン 築地 秀男


マグロ汁の無料提供やお刺身試食などは、有名なテーマパーク並みの長蛇の列で、
マグロ解体ショーや模擬セリには県外から来られた方も多く、多いに盛り上がっていました。
会場にはゆるキャラのわさびのサビちゃんも登場し、子供たちの人気を集めていました。

平成26年度市民カメラマン 玉川 省吾

富士山初冠雪

富士山初冠雪

10月16日。 平年より16日遅く昨年より3日早く、
ふかぶかと帽子を冠りました。
 (清水区吉原で撮影)

平成26年度市民カメラマン 片岡 喜代子

大谷学区の運動会

10月12日、駿河区の大谷小学校校庭で毎年恒例の
大谷学区自治会連合会運動会が催されました。

学区内の9つの町内会対抗で、子どもから大人まで
一緒になって、様々な競技に参加しました。

ムカデ競走やリレーは、選手は勿論、
応援する人たちにも熱が入り、大いに盛り上がりました。

平成26年度 市民カメラマン 鈴木 直里
大谷学区の運動会1
大谷学区の運動会2

タイ友好長政まつり開催

10月12日、葵区浅間通り商店街で
第29回日タイ友好長政まつりが開催されました。

600メートルの商店街には大きな像、そして両国の国旗が飾られ、
歩行者天国には美味しそうなタイ料理の屋台も沢山並び、
どこも長い行列ができていました。

また、会場ではムエタイショーや、トゥクトゥクの展示や試乗、
紋付袴に白無垢姿での人前結婚式、優雅なタイ舞踊の披露など
さまざまな催しもあり、大勢の人で賑わいました。

平成26年度 市民カメラマン 鈴木 直里
タイ友好長政まつり開催1
タイ友好長政まつり開催2

清水港興津フェア

10/19(日)、清水港興津フェアが清水区興津国際流通センター(興津第一埠頭)で
開催されました。

輸入品の食品や雑貨・地元産品などが販売され沢山の家族連れで賑わっていました。
また清水警察署のパトカーや覆面パトカーも展示され、指紋採取体験もあり
子どもたちにはたまらない一時のようでした。

清見寺では朝鮮通信使の行列を再現した一行が到着し賑わいを見せていました。

平成26年度市民カメラマン 大滝 和男
清水港興津フェア1
清水港興津フェア2

賑わいました、由比街道まつり

10/19(日)快晴下、由比本陣公園および由比宿では、
恒例の由比街道まつりが開催され、多くの来場者で
賑わいました。

ステージでは太鼓、歌謡ショー、フラダンスなど
いろいろな演技が披露され、沿道では多くの露店の他、
競り市やフリーマーケットなどたくさんの催しがありました。
また由比川橋上では阿波踊りや地踊り、次郎長道中が披露されました。

そしてまつりのメインイベントは何といっても早かごレース。
三人四脚、ラムネ飲み、回転バットなどの難関を越えてのレース。
飲んだラムネを吹き出したり、回転バットでふらふらしながら走ったりする様子に
ギャラリーは大声援と大爆笑。

桜えびのかき揚げの無料配布や、たくさんの地元産品の模擬店が軒を連ね、
美味しいものいっぱい、楽しさいっぱい、笑顔もいっぱいの
秋のひと時を過ごしました。


平成26年度市民カメラマン 望月 敏秀
賑わいました、由比街道まつり1
賑わいました、由比街道まつり2

ポニーと遊ぼう

10/17(金)、葵区南の「あさはた幼稚園」にポニーが3頭やって来ました。

これは、同園が“園児たちが地元の方や友達の家族との触れあいを通じ、
思いやりの心を持ったり、優しい心を身につけて欲しい”と年5回園庭を開放し、
色々なイベントを行っているもので、今回の「ポニーと遊ぼう」もこの一環で行われました。

当日は地元の方や父兄、未就学児童の親子など多くの人が集まり賑やかでした。

ポニーは御前崎に在る「パロミノポニークラブ」からきました。
園児たちはポニーに乗って園庭を一周したり、パフォーマンスを見たり、触ったりと
楽しい一日を過ごしました。
園児達は“動物たちとの触れあいを通じて、優しい心を育む”事が出来たことでしょう。
(10/17撮影)

平成26年度市民カメラマン 田中 浩
ポニーと遊ぼう1
ポニーと遊ぼう2

本ページに関連する情報

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

総務局 市長公室 広報課 広報紙係

所在地:静岡庁舎新館8階

電話:054-221-1021

ファクス:054-252-2675

お問い合わせフォーム