~いつもあなたのそばに~
静岡市緊急情報防災ラジオについて
印刷用ページ

最終更新日:
2016年4月25日
緊急情報防災ラジオ販売終了しました

平成27年9月に申込販売、12月に追加販売を行い、皆様のご好評をいただき完売いたしました。

皆様にはご協力をいただき、ありがとうございました。
 

防災ラジオの販売について

緊急情報防災ラジオは、以下のとおり販売させていただき、20,000台を完売することができました。
ご協力いただきまして、ありがとうございました。

申込販売
  平成27年7月申込み分
  9月1日~11月2日 販売  18,500台

追加販売
  平成27年12月11日(金)12日(土) 販売
       葵区    530台
       駿河区  370台
       清水区  600台

防災ラジオとは

 全国瞬時警報システム(J-ALERT)から配信される地震・津波・気象警報等の緊急情報を、電源がOFF(音声停止)の状態でも自動で起動し、他局の放送を聞いていても割り込んで放送するラジオです。
 放送は、市内2局のコミュニティFM放送局と連携し、FM波により専用の防災ラジオにDTMF信号という特殊な信号を発信して行います。
 防災ラジオは、この信号を受信すると、強制的に最大音量で緊急情報を放送し、所持者に迅速かつ確実に伝達することができます。
 葵区・駿河区では「FM‐Hi!(76.9MHz)」、清水区では「マリンパル(76.3MHz)」から放送されます。
※コミュニティ放送の可聴範囲内でも、電波の状況により、緊急情報を受信できない場合があります。
【静岡市緊急情報防災ラジオ】
【放送のイメージ】

防災ラジオ導入の経緯

 本市では、地震・津波・気象警報などの緊急情報は、同報無線、防災情報電話案内サービス、静岡市防災メールや市ウェブサイトへの掲載などにより情報発信を行ってきました。
 しかし、同報無線の難聴地域や携帯電話を持たない・インターネット等を利用しない方などへの情報伝達が課題となっていました。
 そこで、市民の皆さん一人ひとりのライフスタイルにあった情報収集手段を選択し、いち早く緊急情報を確認していただけるよう、情報伝達手段の多様化を図ることを目的として、「静岡市緊急情報防災ラジオ」を導入しました。

※過去に発生した、阪神淡路大震災、新潟県中越沖地震、東日本大震災などの大災害時において、災害情報を入手する手段としてラジオが大変有効であったことが報告されています。
 特に、地域に密着した詳細な情報を放送することができる「コミュニティFM放送」が大変注目を集めています。

防災ラジオの特徴

1 電源がOFFの状態でも、他局を選局中でも、緊急情報を自動的に最大音量で放送します。
2 緊急情報を受信すると、「緊急」のライトが点灯するため、停電時や暗闇でも視認性に優れています。
3 屋内に設置するため、同報無線等による放送に比べ、風雨や建物の構造などの影響が少ないです。
4 軽量であるため、容易に持ち運びすることができ、避難しながらでも情報を聞くことができます。
5 ACアダプタ及び乾電池(単3×4本)を電源としているため、停電時等でも乾電池で使用することができます。
6 他のラジオ局(コミュニティFMのほか、FM2局、AM3局をプリセット)からも災害時情報を収集することができます。

防災ラジオの使用方法

放送内容

 防災ラジオで自動的に放送される緊急情報は、次のとおりです。
1 弾道ミサイル情報 9 気象等の特別警報
2 航空攻撃情報 10 東海地震予知情報
3 ゲリラ・特殊部隊攻撃情報 11 東海地震注意情報
4 大規模テロ情報   12 震度速報
5 その他の国民保護情報 13 津波注意報
6 緊急地震速報 14 気象等の警報
7 大津波警報 15 土砂災害警戒情報
8 津波警報  

※気象等の警報及び土砂災害警戒情報等については、「静岡市南部」に関する情報に限ります。(静岡県の警報等発表地域区分図はこちら
※状況により、避難勧告等の情報が放送される場合があります。
※行方不明、その他の注意喚起(振り込め詐欺、光化学スモッグなど)の放送はありません。

試験放送

1 定期試験放送
◆FM-Hi!
 (1)第2月曜日 午後1時56分頃 (2)第4日曜日 午前9時36分頃
◆マリンパル
  (1)第2月曜日 午前10時頃 (2)第3日曜日 午前9時50分頃

2 その他の試験放送
(1)全国瞬時警報システム(J-ALERT)全国一斉情報伝達訓練
   平成28年11月実施予定
(2)地域防災訓練による情報伝達訓練
   平成28年12月実施予定
(3)津波避難訓練による情報伝達訓練
   平成29年3月実施予定

3 注意事項
(1)防災ラジオが自動で起動または割込放送に切り替わり、最大音量で放送されます。
(2)試験放送終了後は、試験放送前の状態に戻ります。
(3)訓練実施の有無に関わらず、すべての防災ラジオが対象となります。
(4)電波の受信状況により、試験放送前の状態に戻らない場合は、お手数ですが防災ラジオ上面の「入/切」ボタンを押してください。
(5)試験放送を実施しない場合(大雨や台風の接近などにより災害の発生が予想される場合など)がありますので、ご了承ください。

 

静岡市緊急情報防災ラジオに関するQ&A

Q1 防災ラジオとはどのようなものか。
A1 電源がOFFでも、他局を選局中でも、全国瞬時警報システム(J-ALERT)から配信される緊急情報を、自動的に最大音量で放送するものです。
 
Q2 防災ラジオではどのような情報を受信することができるのか。
A2 地震に関する情報、気象に関する警報、国民保護に関する情報など、緊急性の高い情報を受信します。大規模災害時には、避難所情報や、支援物資情報なども配信する予定です。

Q3 防災ラジオは、市内のどこでも受信できるのか。
A3 コミュニティ放送の可聴範囲内でなければ受信できません。また、可聴範囲内でも、電波の状況により、受信できない場合があります。

 
Q4 防災ラジオを見たいがどうしたらいいか。
A4 お住まいの地域の自治会・町内会長(平成26年11月中旬頃までに対象自治会・町内会へ順次貸与)にお問い合わせいただくか、静岡市危機管理総室、各区役所地域総務課でご覧いただくことができます。
 
Q5 役員が交代したらどうするのか。
A5 前任者から後任者に対して直接防災ラジオを渡してください。また、その際は、静岡市危機管理総室までご連絡ください。
 
Q6 乾電池は入れておく必要はあるのか。
A6 平常時はACアダプタを使用し、コンセントから電源をとっていただきますが、停電となっても使用することができるよう必ず乾電池を入れておいてください。また、乾電池は使用しなくても消耗しますので、少なくとも年に1回は交換するようにしてください。
 
Q7 乾電池だけでどのくらい電源は持つのか。
A7 ラジオを聞き続けた場合は6時間程度、緊急放送待機状態では72時間程度ですので、平常時は必ずACアダプタを使用してください。
 
Q8 防水機能となっているのか。
A8 防水機能を有していませんので、雨天時などでの屋外での使用には十分注意してください。
 
Q9 緊急情報を正常に受信することができるか確認したいがどうすればいいか。
A9 防災ラジオ前面の「圏外」ランプが消灯していることを確認し、この状態で定期試験放送が受信できるか確認してください。
   受信状況が悪いと、「圏外」ランプが点滅します。ロッドアンテナを伸ばしたり、回転したりして受信状況の良い窓際等に移動してください。また、付属のT字アンテナを接続し、窓際等の電波状況の良い場所に固定してください。
 
Q10 緊急情報を受信した後はどうすればいいのか。
A10 緊急情報を受信した後、自動的に受信する前の状態に戻ります。まずは、ご自身、ご家族等の安全を確保していただき、防災ラジオ等で正確な情報を入手した上で、避難や地域の防災活動等にあたってください。
 
Q11 防災ラジオについて、故障かと思ったらどうすればいいか。
A11 上記、防災ラジオの使用方法項目の取扱説明書(PDFファイル)P.7を確認していただき、それでも解決しなかった場合は、ご購入先の街のでんきやさんもしくは、下記お問い合わせ先(総務局 危機管理総室 総務・施設グループ)へご連絡下さい。
 

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

総務局 危機管理総室 総務・施設グループ

所在地:静岡庁舎新館3階

電話:054-221-1012

ファクス:054-251-5783

お問い合わせフォーム