農地の転用を計画するときは事前にご相談ください。 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日

農地の転用には許可が必要です!(ただし、市街化区域は届出)【農地法第4条または第5条】

農地の転用とは: 農地を、耕作目的に供さない農地以外の土地にすることを言います。たとえば、住宅、店舗、工場、学校などの施設用地や駐車場、資材置場など耕作目的以外の土地にすることです。

許可の基準
(1)立地基準:農地の優良性や周辺の土地利用状況などにより、農地は農用地区域内農地・甲種農地・第1種農地・第2種農地・第3種農地の5つに区分されます。このうち、転用は農業上の利用に支障がない農地へ誘導されます。
(2)一般基準:事業実施の確実性、周辺農地への影響などについて審査し、適当と認められない場合は許可できません。
 
   なお、詳細は「農地転用許可制度」(PDF形式:184KB)をご覧ください。

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

農業委員会事務局 農地係

所在地:静岡庁舎新館16階

電話:054-221-1140

ファクス:054-221-1489

お問い合わせフォーム