第1種特殊災害対応車 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日

 化学物質等に汚染された多数の人を除染するため、大型除染システムを積載、現場にて大型リフトテント、シャワーシステム、汚染水用の水槽等を組み立て、救助活動にあたる。
 歩行不能な要救助者であっても、除染可能。
除染の性能については、歩行可能者、1時間180名程度。歩行不能者、1時間20名程度、除染可能。

第1種特殊災害対応車

第1種特殊災害対応車及び第2種特殊災害対応車は、中越地震やJR福知山線脱線事故を受け、全国的な救助体制強化やNBC災害対応が図られたため、国から配備されたものです。

右側

緒元
全長     :7.5m
全幅     :2.3m
高さ      :2.96(3.42)m  ( )コンテナ積載時の高さ
重量     :10.985t
排気量 :5,190cc

右側後部積載

 積載装備


・除染システム一式 

・地中音波探知機

・夜間用暗視装置

・電磁波探査装置

・水中探査装置など

左側積載

陽圧式空気浄化装置(特殊フィルター付)を装備し、NBC災害発生現場において汚染された外部の空気を浄化し車内に送り込み、侵入が危険と思われる災害現場の隊員の身の安全確保可能。内部において外部の温度・湿度・風向・風速測定が可能

後方から

左側の前方

本ページに関連する情報

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

消防局 消防署 駿河消防署

所在地:駿河区南八幡町10-30

電話:054-280-0119

ファクス:054-282-0711

お問い合わせフォーム