カセットこんろ等の取扱いにご注意を! 印刷用ページ

最終更新日:
2019年2月1日
 カセットこんろやカセットボンベは災害用の調理器具にもなり、たいへん便利で身近なものですが、ひとたび使い方を誤ると大きな事故につながる危険性がありますので、注意が必要です。

カセットこんろやボンベの事故事例の紹介。

(事故事例 1)
 カセットこんろで七輪用の炭に火をつけたまま放置し、カセットこんろ内のカセットボンベが爆発したもの。
 事故が起こった原因は、 カセットこんろで炭の火おこしを行ったため、炭の火の輻射熱によりカセットボンベが過熱してしまったからです。カセットボンベを過熱してしますと、爆発してしまいます。                                                                               
(事故事例 2)
 露店の出展準備中にカセットこんろの上に、バーベキューこんろを乗せて、炭の火おこしをしていたところ、カセットこんろ内のカセットボンベが爆発し、負傷したもの。 
 事故が起こった原因は、カセットこんろにバーベキューこんろが覆いかぶさることで、熱が蓄積し、カセットボンベが過熱されてしまったからです。
(事故事例 3)
 スプレー缶に穴を開けていたところ、残留ガスが噴出し、使用していた近くのガスこんろの火に引火したもの。
 事故が起こった原因は、火の気のある場所で、ボンベの穴あけ作業を行ったため、残留していたガスに引火してしまったからです。
 爆発事故の原因のほとんどが、カセットボンベを過熱してしまうために起こっています。
(事故事例 4)
 花見客がカセットこんろ2台を使用し、直径約40センチメートルの鉄板を乗せて焼き肉をしていたところ、片方のカセットボンベが爆発し、負傷したもの。
 事故が起こった原因は、カセットこんろ2台を並べこんろを覆うように鉄板を乗せて使用することで、カセットボンベが過熱し爆発した可能性があるとみて調査が行われています。

事故を起こさないために。

 カセットこんろやボンベを使用する時には、次の点にご注意ください。
 (1)カセットこんろを覆うような調理器具(鍋やフライパン、鉄板など)を使わない 。
 (2)カセットこんろを2台以上並べて、使用しない。
 (3)カセットこんろを用いて炭の火おこしなどをしない。
 (4)カセットこんろを夏の砂浜等、炎天下で高温になるような場所に置いて使用しない。
 (5)カセットこんろの五徳を正しくセットして使用する。
 (6)石綿やセラミック付きの魚焼き器を使用しない。
 (7)カセットボンベを直射日光があたり、高温となる車内に保管しない。
 (8)カセットボンベを暖房機の近くに置かない。
 (9)使い終わったカセットボンベを調理器具等の近くに置かない。
 (10)カセットこんろやカセットボンベの使用時の注意書きを読んで正しく使用しましょう。

 スプレー式カートリッジボンベを使用するときには、次の点にご注意ください。
 近年、スプレー式の殺虫剤のみならず、スプレー式の制汗剤や冷却材などが広く普及しております。このようなスプレーには可燃性のガスが使用されていることが多く、そのことに気付かないまま使用したことで思わぬ事故になってしまうことがあります。
 静岡市内でも、冷却スプレーを使用中に、喫煙をしようとライターに火を着けたところ、冷却スプレーの可燃性ガスに引火してしまった事故が発生しています。
 冷却スプレーなど、一見すると燃えるガスが使われていると気付き難いものもありますので、注意が必要です。スプレー缶をしようするときには、周囲に火の気がないことを確認して使用してください。
 また、スプレーに使われる可燃性のガスは目に見えず、思いのほか遠くまで届きますので、「火の気から少し離れれば大丈夫だろう」と思っていますと、事故につながります。

 カセットボンベを廃棄するときは次の点にご注意ください。
 カセットボンベは中身をすべて使い切ってから、廃棄する必要があります。静岡市では、『ごみの出し方・分別ガイドブック(平成29年度)』の中で、以下の(1)から(3)としています。
(1)必ず中身を使い切ってください。
(2)穴を開けないでください。
(3)他の缶と混ぜないで、スプレー缶のみを中の見える袋に入れてください。
 また、ガスが残ったまま廃棄した場合、ごみ収集車の中や焼却施設内でガス漏れが発生し、火災が発生したり、破裂事故が発生しますので、絶対にやめてください。
 
大きな鍋がカセットこんろを覆ってしまっている写真です。鍋がガスボンベの上の部分まで覆ってしまっているので、鍋の輻射熱でカセットボンベが加熱されてしまい、非常に危険です。 大きな鍋がカセットこんろを覆ってしまっている写真です。鍋がガスボンベの上の部分まで覆ってしまっているので、鍋の輻射熱でカセットボンベが加熱されてしまい、非常に危険です。
カセットこんろを2台並べてそのうえに、大きな鉄板を乗せている写真です。鉄板からの輻射熱がカセットボンベを過熱してしまい、非常に危険です。 カセットこんろを2台並べてそのうえに、大きな鉄板を乗せている写真です。鉄板からの輻射熱がカセットボンベを過熱してしまい、非常に危険です。
カセットこんろの五徳が逆さまに取り付けられている写真です。コンロ上の鍋や鉄板がコンロに接近しすぎるために、カセットボンベを鍋や鉄板の輻射熱によって過熱してしまいます。非常に危険です。 カセットこんろの五徳が逆さまに取り付けられている写真です。コンロ上の鍋や鉄板がコンロに接近しすぎるために、カセットボンベを鍋や鉄板の輻射熱によって過熱してしまいます。非常に危険です。

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

消防局 消防部 予防課 予防係

所在地:駿河区南八幡町10-30

電話:054-280-0190

ファクス:054-280-0182

お問い合わせフォーム