まちめぐり(三保地区) 印刷用ページ

最終更新日:
2018年11月30日
美しい海、砂浜。そこには、神秘的な物語と、わくわくするような遊び場がつまっています。

【羽衣伝説】
 昔々、三保の村に伯梁(はくりょう)という漁師がおりました。
 ある日のこと、伯梁が松の枝にかかっている美しい衣を見つけて持ち帰ろうとすると、天女が現れて言いました。「それは天人の羽衣です。どうかお返しください。」
 ところが伯梁は大喜びして返す気配を見せません。すると天女は「その羽衣がないと天に帰ることができません。」と言って泣き出しました。
 伯梁は天上の舞を見ることを条件に羽衣を返しました。天女は喜んで三保の春景色の中、羽衣をまとって舞を披露。やがて空高く天に昇っていきました。
 
項  目 内     容
名  称 羽衣の松
概  要 約7kmの海岸線に5万本以上の松が茂り、三大松原のひとつに数えられています。波打ち際から望む富士山はまさに圧巻。その素晴らしさは、大正5年に日本新三景の名勝地に選ばれました。
交  通 しずてつジャストライン「三保松原入口」または「世界遺産三保松原・神の道入口」バス停下車、徒歩約15分
住  所 清水区三保1527(羽衣の松)
 
項  目 内     容
名  称 エレーヌの碑
概  要 能「羽衣」に魅せられ、三保の松原に憧れつつこの地を訪れることなく亡くなったフランスの舞踊家、エレーヌ・ジュグラリスを記念した碑。碑の下には彼女の遺髪が埋納されています。
交  通 しずてつジャストライン「三保松原入口」または「世界遺産三保松原・神の道入口」バス停下車、徒歩約15分
住  所 清水区三保1527(羽衣の松)
 
項  目 内     容
名  称 御穂神社
概  要 大国(だいこく)さまなどの福の神をおまつりしています。毎年11月1日に例祭と湯立神事(ゆたてしんじ)、2月14日夜より15日に筒粥祭(つつがゆさい)が行われます。
交  通 しずてつジャストライン「三保松原入口」または「世界遺産三保松原・神の道入口」バス停下車、徒歩約5分
電  話 054-334-0828
住  所 清水区三保1073

項  目 内     容
名  称 東海大学海洋学部博物館
概  要 海洋科学博物館、自然史博物館の2つの博物館から構成されています。静岡の博物館の中でも、海洋生物と恐竜に特化したスポットとして見所があります。
交  通 しずてつジャストライン「東海大学三保水族館」バス停下車
電  話 054-334-2385
時  間 9:00~17:00
休  日 火曜日(ただし、祝日、正月、春休み、ゴールデンウィーク期間、7月、8月は除く)、年末
入場料 料金案内はこちら
住  所 清水区三保2389
ホームページ ホームページはこちら
   
項  目 内     容
名  称 清水灯台(通称「三保灯台」)
概  要 明治45年に鉄筋コンクリート造としては日本で初めて建てられた灯台です。正式名称は「清水灯台」。白亜の灯台は、海の安全を見守っています。
交  通 しずてつジャストライン「三保本町」バス停下車、徒歩約10分
住  所 清水区三保2110-15
 
項  目 内     容
名  称 三保内浜(みほうちはま)海水浴場
概  要 三保半島の先端、港側に面した海水浴場。波が穏やかで、周辺には博物館やつりポイントなどのレジャースポットも点在しています。
交  通 しずてつジャストライン「東海大学三保水族館」バス停下車、徒歩約5分
期  間 7月中旬~8月下旬
住  所 清水区三保
 
項  目 内     容
名  称 三保真崎(みほまさき)海水浴場
概  要 三保半島の突端にある人気の海水浴場です。正面に富士山を一望しながら波遊びを満喫。マリンスポーツのポイントも近くにあります。
交  通 しずてつジャストライン「東海大学三保水族館」バス停下車、徒歩約5分
期  間 7月中旬~8月下旬
住  所 清水区三保

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

清水区 清水区役所 地域総務課 地域振興係

所在地:清水区役所4階

電話:054-354-2028

ファクス:054-351-4470

お問い合わせフォーム