(2)無電柱化事業の流れについて 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日
 
1.無電柱化事業の全体の流れ
 
・無電柱化事業は、平成7年度に国で制定した「電線共同溝の整備等に関する特別措置法」という法律に基づき、進めていま
 す。
・無電柱化の整備は、道路管理者(静岡市)だけでなく、無電柱化施設を整備した後にそれらを利用する電力会社、電話会社
 などと協力しながら、進められています。
・このため、多くの事業者が係り、様々な整備を行うため、事業の期間は概ね6年間という長い期間を要します。
 
【無電柱化事業の全体の流れ】

無電柱化事業の流れ

 
2.無電柱化整備の流れ(工事の流れ)
 
・無電柱化整備は、埋設物の移設、無電柱化するための施設づくり、お宅に電力線、電話線を送るための施設づくり、道路整備
 など、様々な工事が必要となります。
・このため、整備延長が200m程度の区間で、概ね4年間、工事を行なうことになります。
 
【電線共同溝が完成するまで】

電線共同溝が完成するまで

電線共同溝が完成するまで2

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

建設局 道路部 道路保全課 交通安全施設係

所在地:静岡庁舎新館4階

電話:054-221-1284

ファクス:054-221-1130

お問い合わせフォーム