木造住宅耐震補強事業 印刷用ページ

最終更新日:
2017年1月4日
 災害に強いまちづくりを促進するため、昭和56年5月31日以前に建築されたもの又は同日において建築中であった木造住宅の耐震補強工事を実施する所有者に対して補助金を交付する制度です。  

 わが家の専門家診断又は耐震精密診断で、耐震評点が1.0未満のものを0.3以上上げ1.0以上にする補強工事が対象です。  補助制度を利用される方は、下記の事項にご注意ください。
 
補助金の申請は耐震補強工事を実施する前に行なってください。

 工事を行なった後の申請では補助金がでません。

   ◎ 手続き方法、申請書式ダウンロードはこちら

    ◎木造住宅耐震補強事業の補助金額上乗せについてはこちら

補助内容

世帯 耐震評点 補助限度額
一般 0.4以上 30万円
一般 0.4未満 45万円
高齢者等 0.4以上 50万円
高齢者等 0.4未満 65万円


(注意)耐震評点の判定は補強計画時の耐震診断(1階部分)の結果によります。
 

補助限度額50万円または65万円の対象世帯(※)

1

世帯構成員のすべてが65歳以上である

2

世帯構成員のすべてが65歳以上の者及び15歳未満の者又は18歳未満で就学している者により構成されている

3

世帯構成員が身体障害程度等級 1級又は2級の身体障害者手帳の交付を受けている

4

世帯構成員が療育手帳の交付を受けている

5

世帯構成員が精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている

6

世帯構成員が介護保険法に基づく要介護、要支援者(介護保険被保険者証に要介護、要支援の記載)を受けている

 

(※) 世帯とは門戸を一にして生活する者の単位をいう。

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

都市局 建築部 建築指導課 安全推進係

所在地:静岡庁舎新館5階

電話:054-221-1124

ファクス:054-221-1135

お問い合わせフォーム