手続きフロー 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日

手続きフロー

■届出(法第16条第1項)
 届出対象行為は、建築確認申請等の30日以上前(建築確認申請等を要しない場合は、行為の着手の30日前まで)に、市長へ届出書の提出(様式第1号)が必要です。また、景観形成基準(行為の制限)に適合しない場合は、市長は、必要に応じて勧告や変更命令を行います。

■変更の届出(法第16条第2項)
 届出内容を変更しようとするときは、変更部分に着手する30日前までに「景観計画区域内における行為の変更届出書」(様式第3号)により届出をする必要があります。当初の届出に添付した図書のうち、変更に係るものを添付してください。

■行為完了の届出(景観条例第14条)
 行為を完了したときは、遅滞なく「景観計画区域内における行為の完了届出書」(様式第4号)により届出が必要です。届出には、行為を完了したことを示す2方向以上からの写真を添付して下さい。

■行為着手の期間短縮(法第18条第2項)
 届出から行為着手までの期間は、建築確認申請等を要する場合を除き短縮することができます。期間短縮を行いたいときは、届出前に事前相談を行ったうえで、届出書と合わせて短縮依頼書を提出して下さい。

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

都市局 建築部 建築総務課 都市景観推進係

所在地:静岡庁舎新館5階

電話:054-221-1049

ファクス:054-221-1135

お問い合わせフォーム