静岡市のユニバーサルデザイン 印刷用ページ

最終更新日:
2017年9月6日

ユニバーサルデザインって何だろう?

挿絵

 ユニバーサルデザインとは、「すべての人のためのデザイン」という意味で、年齢や障害の有無、体格、性別、国籍などにかかわらず、できるだけ多くの人にわかりやすく、利用しやすいようにデザインすることをいいます。

ユニバーサルデザインとバリアフリーはどう違うの?

 バリアフリーが「主に高齢者や障害のある人など」を対象としているのに対して、ユニバーサルデザインは「すべての人のため」を考えています。

 バリアフリーが「すでにある障壁をなくす」ことを目指しているのに対して、ユニバーサルデザインは「はじめから障壁をつくらない」ことを目指しています。

しずおかあったかプラン

策定の目的

 ユニバーサルデザインのまちづくりをさらに進める上での考え方や取り組まなければならないことを市民の方や事業者にも知っていただけるように、『しずおかあったかプラン』(静岡市ユニバーサルデザイン基本計画・行動計画)を策定しました。
 誰もが安心していきいきと快適な暮らしをすることができ、来訪者にも温かい心が伝わり、また来たくなるようなまちを目指し、「温かい心の通い合う、みんながいきいきと暮らせるまち」を基本理念として、心、社会、まち、情報、サービス、もの、しくみの7つの分野にわたり、ユニバーサルデザインのまちづくりを進めます。

『静岡市ユニバーサルデザイン基本計画』(PDF 5.07MB)
 基本計画では、ユニバーサルデザインにもとづくまちづくりを推進するための考え方や取り組むべき施策の基本的な展開方向を示しております。

『第2次静岡市ユニバーサルデザイン行動計画』(PDF 5.03MB)
 行動計画では、基本計画の推進に向けて、ユニバーサルデザインに関連する推進事業の内容、実施時期、事業主体を明確化するとともに、進行管理できるように成果指標や目標値の設定、行政・市民・事業者等の役割分担の考え方など、具体的な行動の内容を示しております。
 平成27年3月に、第2次静岡市ユニバーサルデザイン行動計画を策定し、第1次行動計画に引き続きしずおかあったかプランの推進を行っております。

第1次静岡市ユニバーサルデザイン行動計画はこちら(PDF 3.09MB)

第2次静岡市ユニバーサルデザイン行動計画の進捗状況

 ユニバーサルデザインのまちづくりを推進するため、第2次行動計画では、施策・事業の達成目標や成果を客観的に評価できるよう、成果指標を設定しております。
 第2次行動計画の計画期間を平成27年度から平成34年度までの8年間とし、前期(平成27~30年度)、後期(平成31~34年度)に分け、それぞれの期間ごとに「目標値」を設定して点検・評価および見直しを行うなど、適切な進行管理を行っています。

ユニバーサルデザインに関する市民意識調査結果

 ユニバーサルデザインに対して、市民の方の理解がどれだけ得られているか、満足されているかを調査するもので、しずおかあったかプランのこれまでの取り組みの成果を把握するために実施しました。

平成27年度実施 市民意識調査結果報告書(PDF 1.41MB)
平成22年度実施 市民意識調査結果報告書(PDF 0.95MB)

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

都市局 建築部 建築総務課 都市景観推進係

所在地:静岡庁舎新館5階

電話:054-221-1049

ファクス:054-221-1135

お問い合わせフォーム