景観法に基づく行為の届出(大規模建築物の届出) 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日
 良好な景観形成を進めるため、周辺の景観に大きな影響を及ぼすおそれがある大規模建築物等の建築行為を行う場合については、静岡市景観計画第3章(PDF 893KB)に定める景観形成基準(行為の制限)に基づき規制・誘導を図ります。
 (土地利用の類型区分は、静岡市景観計画第2章(PDF 3.49MB)の9~10ページでご確認ください。)
 また、景観法第16条に基づき、事前に届出が必要となります。

 届出が必要な場合、景観計画区域内における行為の届出マニュアル(PDF 676KB)を参照し届出手続きを行って下さい。

届出対象

■届出対象区域
 景観計画区域:静岡市全域

■届出対象規模
 届出対象規模はこちら

※臨港地区及び臨港地区に近接する地区で計画がある場合は、清水港・みなと色彩計画の協議が必要な場合があります。詳細は、清水港振興課(054-354-2432)へお問い合わせ下さい。

手続きの流れ

■手続きのフロー
 手続きのフローはこちら

 ※建築確認申請(計画通知)または建築基準法の規定による許可申請等の30日前までに建築総務課へ届出(通知)してください。(建築確認申請等を要しない場合は、行為の着手の30日前まで)

景観形成基準

届出(通知)様式のダウンロード

■提出部数・・・1部

■届出(通知)様式のダウンロード
 ダウンロードページはこちら

関連リンク

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

都市局 建築部 建築総務課 都市景観推進係

所在地:静岡庁舎新館5階

電話:054-221-1049

ファクス:054-221-1135

お問い合わせフォーム