静岡市の土地区画整理事業 (平成30年3月時点) 印刷用ページ

最終更新日:
2018年5月24日

土地区画整理事業の施行区分

 静岡市では、昭和6年に県下第1号となる土地区画整理事業に取り組み、戦災復興土地区画整理事業を経て、平成30年2月現在で91地区、1,898.3haの整備が行われています。これは市街化区域10,474haの18%にも及び、現在の静岡市の中心市街地の骨格をつくり、郊外では良好な都市景観を提供しており、まちづくりの大きな財産となっています。
 土地区画整理事業の施行者の区分を見ますと、静岡市及び県(※静岡市が政令市になるH16年度まで県が管轄)による公共団体施行の事業と地権者の皆さん自身でまちづくりを行った組合施行の事業が、面積でほぼ二分していますが、地区数では公共施行での事業が14地区に対して、組合施行での事業が69地区と多くなっています。
 皆さんの参加に基づくまちづくりとして、土地区画整理事業は大きな役割を担い、社会資本整備に貢献しています。

現在施行中の事業実施地区 (平成30年3月時点)

【組合施行】

・清水三保羽衣土地区画整理事業(平成16年度~)20.8ha

・馬走今泉土地区画整理事業(平成20年度~)2.6ha

・恩田原・片山土地区画整理事業(平成29年度~)32.8ha

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

都市局 都市計画部 市街地整備課 区画整理指導係

所在地:静岡庁舎新館7階

電話:054-221-1417

ファクス:054-221-1117

お問い合わせフォーム