6.(1)特定経路の選定方針 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日
重点整備地区内のすべての経路についてバリアフリー化を実施することが望ましいが、必要な費用、期間の面で困難である。ここでは、以下に示す方針にもとづき重要な経路を選定し、さらにそれらを優先度から3つの整備レベルに分類して示す。
○総合的な交通ネットワークやまちづくりの方針と整合を図るため、都市計画マスタープランの整備方針に沿った経路を選ぶ
・[着目する経路] 都市計画マスタープランに位置付けられているシンボルロード、歩行者自転車ネットワーク及び都市機能の更新を図るJR静岡駅周辺

○「人にやさしい交通環境」を高齢者、身障者等だけではなく、より多くの人に提供するために、交通量の多い経路を選ぶ
・[着目する経路] 高齢者・身障者等の利用が多い経路、歩行者交通量の多い経路

○高齢者、身障者等の多様な目的に対応できる経路を選ぶ
・[着目する経路] 目的施設の多い経路、商店街、繁華街

○公共交通機関との連携を図るため、目的施設とバスのりばを結ぶ経路を選ぶ
・[着目する経路] 目的施設とそれに近接するバスのりばを結ぶ経路

○事業を早急に実施するために、歩道の整備されている経路を選ぶ
・[着目する経路] 歩道の整備されている道路

特定経路画像1

本ページに関連する情報

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

都市局 都市計画部 市街地整備課 静岡駅周辺整備係

所在地:静岡庁舎新館7階

電話:054-221-1413

ファクス:054-221-1117

お問い合わせフォーム