5.重点整備地区の位置及び区域 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日
・静岡駅周辺地区では、JR静岡駅と静岡鉄道新静岡駅/新静岡バスターミナルは、お互い500m以内と近接しており、徒歩圏内に高齢者、身障者等が利用する共通の目的施設を有するため、一体のものとして基本構想を作成する。
・静岡駅周辺地区は、官公署/都市公園/商店街/医療機関/福祉施設等県都としての都市機能が集中する地区である。また、JR静岡駅北口は駅前広場の拡幅計画があり、南口駅前も再開発事業の進展により、将来利用者の増加が予想され、一体的に整備されることにより駅利用者のバリアフリー化が効果的に推進できる地区である。
・以上から、重点整備地区は、JR静岡駅及び静岡鉄道新静岡駅・バスターミナルのそれぞれから500m~1kmの範囲で、主要な目的施設※1が含まれる範囲(約200ha)を指定する。一部の目的施設及び経路は重点整備地区から外れるが、これらについてもバリアフリー基本構想の対象とする。
・なお、境界はいずれも都市計画道路に囲まれている。

東側:(都)日出町高松線(都)日出町羽鳥線 西側;(都)宝台院下島線(都)若松町通線
南側:(都)南幹線 北側;(都)中町長谷通線(都)本通線


※1 主要な目的施設
  本基本構想では、特定旅客施設からの徒歩圏内にあって相当数の
  高齢者、身体障害者等が利用する施設を「主要な目的施設」とする。
  主要な目的施設は、過去に静岡市内の高齢者、障害者に対して行われた
  アンケートの結果等より抽出しています。

重点整備地区の範囲

重点整備地区の範囲

本ページに関連する情報

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

都市局 都市計画部 市街地整備課 静岡駅周辺整備係

所在地:静岡庁舎新館7階

電話:054-221-1413

ファクス:054-221-1117

お問い合わせフォーム