駿河漆器が地域ブランドに! 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日

全景

 静岡市の伝統工芸品である「駿河漆器」が、このほど、特許庁による地域団体商標登録「地域ブランド」の商標権を取得しました。
 これにより、静岡市内で漆塗りを施した皿、箸、手鏡など24種類の漆器製品は「駿河漆器」のブランド名のもと差別化を図り、その認知度の向上を目指してPR活動をしていくことになります。
「駿河漆器」は、今川時代から450年間の歴史を持つ伝統工芸品で、木目を生かした“木地呂塗”や、塗りの段階で金箔を差し込むなど工夫を凝らす“変り塗”など新しい感覚を持ち込んでいることも特徴となっています。
 出願を行った静岡漆器工業協同組合では、地域ブランド効果と、組合員の意欲の向上を目的として、これまで認定に向けた取り組みを行ってきました。
なお、この事業に対しては、静岡市新商品等開発事業補助制度(平成20年度から当該制度は、静岡市新商品等開発事業補助制度と静岡市産業財産権出願等補助制度に分割して運用)が適用されています。

※地域団体商標制度
 商標権によって地域ブランドを保護し、事業者の競争力の強化と地域活性化を図ることを目的として、平成18年の商標法の改正によりスタートした制度。
 静岡市では、平成20年10月までに「駿河漆器」「駿河湾桜えび」「静岡茶」「由比桜えび」の4件が登録査定されており、農水産物以外では「駿河漆器」のみとなっています。

※静岡市新商品等開発事業補助金(平成18年度)
 製造業を営む中小企業者等の商品開発経費や特許権出願経費等の一部を補助する制度。
補助対象になる事業は、①新しい技術や技法を利用した商品又は既存の技術・技法を応用した従来にない商品を開発する事業。②自ら開発した製品・技術・意匠等について、特許に係る出願又は実用新案・意匠・商標(地域団体商標に限る。)に係る登録出願を行う事業。
 平成20年度から、上記①に対しては静岡市新商品等開発事業補助金が、②に対しては静岡市産業財産権出願等補助金が適用となっています。

マグカップ
手鏡
弁当箱
SAKE GLASS
茶筒
箸

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

経済局 商工部 産業振興課 地場産業係

所在地:駿河区曲金3-1-10

電話:054-281-2100

ファクス:054-284-3987

お問い合わせフォーム