静岡の工芸品 井川メンパ 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日

井川メンパ

井川メンパの起こりとなった井川の曲物は、鎌倉時代から作られていたといわれています。江戸時代末期になるとそれまでの山村農民の生活用具から井川の曲物に漆塗の技術が加わり、現在の井川メンパが誕生しました。
井川メンパは、桧のうす板を丸型や小判型に曲げて継ぎ目に桜の皮を使い、生漆を塗って仕上げたもので、素朴さと丈夫さが特徴です。

静岡の工芸品INDEXへ戻る

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

経済局 商工部 産業振興課 地場産業係

所在地:駿河区曲金3-1-10

電話:054-281-2100

ファクス:054-284-3987

お問い合わせフォーム