静岡の工芸品 静岡挽物(ひきもの) 印刷用ページ

最終更新日:
2015年3月26日

静岡挽物

挽物は、轆轤(ろくろ)を使って木を丸く加工して作る製品をいいます。 静岡挽物の技術は、江戸時代末期に静岡の銘木商が箱根の挽物師から教わり、下石町で開業したのが始まりといわれています。戦後、米国向けにコショウ挽きなどが大量に輸出され、現在のような産地に発展しました。
手挽き轆轤で一品ずつたんねんに仕上げてゆく工芸品に加え、機械加工による量産が得意な産地です。
主な製品は、コショウ挽きなどの食卓台所用品・文具・玩具などや雛道具部品・家具部品・建築用部品などで、さまざまな産業に関わりを持っています。


静岡の工芸品INDEXへ戻る

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

経済局 商工部 産業振興課 地場産業係

所在地:駿河区曲金3-1-10

電話:054-281-2100

ファクス:054-284-3987

お問い合わせフォーム