静岡市立病院の地方独立行政法人への移行について 印刷用ページ

最終更新日:
2016年3月31日
 

移行の理由

  市立病院は、地域医療の核として市民が必要とする高度で良質な医療サービスを安定的、継続的に提供する役割があり、その実現のため、各種情報、意見等を分析、検討した結果、現在の市立病院が抱える課題を解決し、目まぐるしく変化する医療環境に迅速、柔軟に対応するには、早期に地方独立行政法人へ移行することが最適であるため。

検討の経緯

  1  平成22年12月 市立病院経営形態最適化検討会
       「現時点では、地方公営企業法の全部適用が相応しい」と答申
  2  平成23年3月 「平成25年4月に全適への移行」方針を決定
  3  平成24年3月 市議会で「全適への移行」を延期表明
  4  平成25年8月 「地方独立行政法人への移行の方針(案)」を決定
  5  平成25年10~11月 市民意見公募手続(パブリックコメントの実施)
       ・意見提出件数167件(意見提出者数126人)
  6  平成25年10~11月 医療関係団体、学識経験者からの意見聴取
       ・医療関係団体…医師会、歯科医師会、薬剤師会、看護協会、公的病院協議会
       ・学識経験者…前記検討会正副会長 ほか
  7  平成25年12月 市民意見公募結果公表
  8  平成25年12月 「地方独立行政法人への移行の方針」を決定

地方独立行政法人化のメリット・デメリット、Q&A

地方独立行政法人移行に向けた取組

本ページに関するアンケート

このページは使いやすかったですか?

本ページに関するお問い合わせ先

保健福祉長寿局 保健衛生医療部 保健医療課 医療事業係

所在地:静岡庁舎新館14階

電話:054-221-1332

ファクス:054-221-1162

お問い合わせフォーム